技術開発に長い時間がかかったのは、大きく二つの問題のためでした。一つ目は、モーターの製造です。強い吸引力を実現するためには、非常に速いスピードで回転するデジタルモーターが、どうしても必要でした。既存のロボット掃除機は吸引力がとても弱くて、まるで満足に掃除ができないのでなおさらでした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。