東京湾沿岸部のとあるビルがひときわ存在感を放っている。円筒状で、外看板は黒塗りされ、施設名が消されている。中心部は窓もなく、人の姿もない。あるのは無数のサーバで、空調のくぐもった音だけが響いている。ある関係者は、ビル管理の厳重さについて明かす。 「ここでは案内役がつくが、目的の部屋に入っても、作業が終わるまで待機している。恐らく他のものに触れないよう見張っているのだろう」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。