2016年春のオープンに向けて、JR西日本が「京都鉄道博物館」の建設を急ピッチで進めている。鉄道博物館といえば、JR東日本の「鉄道博物館」(通称てっぱく、埼玉県)とJR東海の「リニア・鉄道館」(愛知県)が先輩格。共に、展示車両の豊富さや運転シミュレータをウリにした、体験型の博物館として、人気を博している。先行する2館に対抗し、挑戦的な仕掛けが施されることになっているから、鉄道ファンの期待値は上がる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。