7月の完全失業率は3.8%であった。建設業や飲食店といった産業での人手不足が広く報道されているものの、まだ3.8%の人が余っているようにも見える。実を言うとこれは誤解で、余っている人はほとんどいないというのが現実に近い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。