仕事においても、生活においても、さまざまなストレスがある。そのほとんどが人間関係から生じる。特に誤解によってトラブルが生じることが多い。渋滞学の専門家である東京大学の西成活裕教授は、『誤解学』で〈誤解とは、単一化を避け多様性を確保する人間社会のメカニズムであり、必要悪とも言えるものであろう〉と指摘する。生物の進化の歴史を学ぶと、単一性は死滅をもたらす。誤解によって文化の多様性が確保されているので、人類は生き残ることができるのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。