「多角化路線は失敗した」──。5月19日、ポスコがソウルで開催した投資家フォーラム。国内外の関係者を前に、3月に就任したばかりの権五俊(クォン・オジュン)会長兼CEO(最高経営責任者)は、こうぶち上げた。スライドを使いながら鄭俊陽(チョン・ジュンヤン)前会長の経営戦略の迷走ぶりを指摘、公然とあげつらったのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。