「憧れ、敬意、そして羨望」。ラブレターかと思うようなこの一節は、スペイン・カタルーニャ州のマス・コレル経済大臣が来月のスコットランド独立選挙について語ったものだ。11月に予定されていたカタルーニャ独立を問う住民投票はスペイン議会で否決され、投票自体が憲法違反だとの烙印を押されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。