それにしても、このM社はどうしようもない。K社長に指導力がなく、将来展望が開けないのだ。5年前にM社は、半世紀にわたり市場を独占していた最大手のJ社を撃破し、トップシェアを奪取したが、今やその面影は全くない。2年前にJ社が再び市場を掌握すると、M社の業績は坂道を転げ落ちるように悪化している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。