126兆円と巨額の年金基金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の動向に、国内外の投資家の注目が集まっている。運用方針を協議する運用委員会委員長に4月に就任した米澤康博氏に、市場を驚かせた国内株20%への〝買い増し宣言〟の真相や、説明責任の在り方を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。