7月1日、安倍政権は憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を可能とする閣議決定を行った。もっとも集団的自衛権の行使については、連立与党の公明党が反対していた。そのため閣議決定の内容自体は、個別的自衛権を若干拡大した程度の内容になっている。この内容なら、内閣法制局と外務省の頭の良い官僚は、個別的自衛権と警察権で、完璧な理屈を組み立てることができたと思う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。