東京ヤクルトスワローズに入団して3年目の1997年のことだ。ペナントレースが盛り上がる夏場に32打数連続無安打と、全く打てなくなってしまった。8番が定位置だったとはいえ、2割8分あった打率は2割5分まで落ちた。守備力を買われて試合に出してもらっていたが、その守備でも8月30日の中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)でエラーをしてしまった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。