2010年に民間資本が医療分野に参入することを奨励する通達が公布されて以来、公立病院に委託経営、株式合作等の形式で民間資本が加わるケースが出てきている。特にここ半年から1年にかけて過熱気味となっており、中には銀行から資金調達してまで投資するケースも見られる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。