米ツイッターが11月7日にニューヨーク証券取引所へ上場し、大人気となった。初日の終値は新規株式公開(IPO)価格を73%も上回った。ツイッター株急騰は1990年代後半から2000年にかけてのITバブルを彷彿とさせる。というのも、当時のインターネット企業の多くがそうだったように、ツイッターも急成長しているとはいえいまだに赤字経営なのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。