最新号表紙

2020年9月19日号[730円]

都市新序列 名門企業 地方財界

ココが見どころ

温泉街・別府の苦境、市内企業の1割が「コロナ倒産危険業種」

『週刊ダイヤモンド』9月19日号の第1特集は『都市新序列 名門企業・地方財界・自治体265』です。企業の倒産、労働者の解雇、消費の蒸発――。日本列島を襲ったコロナショック。経済へのダメージの深刻度は地域によって異なり、都市の間で“格差”が生まれ始めています。コロナで一変した各地の経済事情の最新事情を追いました。

目次

特集都市新序列 名門企業 地方財界

  • 【Part 1】倒産、解雇、消費蒸発… 265都市コロナ格差
  •  
  • 「衣・食・泊」を襲うコロナ倒産危機 265都市依存度ランキング
  • アパレル依存の岐阜県が全国ワースト 「コロナ解雇者数」ランキング 大都市より深刻な地方の雇用
  • 百貨店離れの北陸、自動車が苦しい東海… 地域で異なる”消費蒸発格差”
  •  
  • 【Part 2】コロナで激震、列島経済 地方財界・名門企業の明暗
  •  
  • 〈北海道〉7空港民営化、企業連合17社の権力争い 三菱地所と「空のドン」が火花
  • 〈静岡〉コロナで創業200年超の老舗に死角 大勝負に出た航空事業で大出血 超名門、鈴与に迫る危機
  • 〈名古屋〉「変人コーワ」の財界評価は過去のもの アベノマスクに栄再開発 新名門企業「興和」の野望
  • テレワークで湘南、房総が大人気!? ポストコロナの首都圏住宅新事情
  • 〈埼玉・広島〉業界2位に家宅捜索、トップ交代… 総合商社と政界が暗躍する鶏卵”東西2強”の裏事情
  • 〈関西〉コロナ禍が”私鉄大国”を直撃 IR延期、大阪万博開催に不安 ”金づる”にされた関西財界の憂鬱
  • 白い恋人 東京ばな奈 明太子… 「有名お土産メーカー」コロナ危機の舞台裏
  • 〈中国地方〉冷え込む地場のものづくり マツダ、鉄鋼不況で苦しむ下請け 観光、物流も打撃で広がる不安
  • 〈岡山〉大手は利益も協力工場は恩恵少ない アパレル不振の繊維の街で「命綱」の医療用ガウン
  • 〈福岡〉楽天や米医薬大手の入居計画も空転 福岡・天神ビッグバン再開発 コロナで一転灯る”黄信号”
  • 〈鹿児島〉主力事業にコロナ直撃で窮地 「鹿児島の顔役」として君臨 いわさきグループの行く末

特集2ここからが本番 TikTokの大問題

News

  • 【Close Up】CATV最大手JCOMが金融業参入へ 最大の武器は「広くて深い」顧客基盤
  • 【Close Up】次期首相本命・菅氏肝いり政策が危機 「ジビエ振興」を阻む補助金依存
  • 【Close Up】エネ庁がかき乱す裏に後発陣営の姿 洋上風力コンペ形勢逆転か

人物

  • 【オフの役員】芳賀 真(野村不動産ホールディングス取締役、グループCFO)
  • 【イノベーターの育ち方】川野優馬(ライトアップコーヒー/WORC代表)
  • 【チェンジリーダーの哲学】
  •   田中正明(日本ペイントホールディングス社長兼CEO)
  •   真のグローバル化を加速 時価総額は倍以上目指す

ウォール・ストリート・ジャーナル発

  • 好調の米ハイテク株、急落に潜む危険は
  • 菅氏、イチゴ畑から日本の頂点へ

マーケット

  • 【株式市場 透視眼鏡】(居林 通)
  • 【金融市場 異論百出】(加藤 出)

データ

  • 【数字は語る】83% 中国の輸出額に占める国内で生産した付加価値の比率〈2015年〉(長井滋人)

連載・コラム

  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • 木本昌秀/大人のための最先端理科
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • 読者アンケート
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る
5000円キャッシュバック!秋の定期購読キャンペーン 週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    「スガノミクス」の本気度はデジタル庁人事に

     8日に告示された自民党総裁選。14日に新総裁が選出されますが、金融市場やビジネス界の関心は解散時期、そして次期首相が確実視される菅氏による「スガノミクス」に移っています。
     その中身はどうなるのでしょう。アベノミクス路線の継承を表明しており、菅色が見えづらいとの指摘も耳にしますが、菅氏に長く仕えたある関係者はこう指摘します。
    「菅長官の本質は既得権打破の規制改革思考。今までも官僚の反対を押し切って改革してきたし、これからも変わらない」「デジタル庁の創設はもちろん、地銀再編などサプライサイド改革も進めるし、そのブレーンもいる」とも。デジタル庁人事でどんな抜てきがあるかで、その本気度が見えるでしょう。

  • 編集部 岡田 悟

    「コロナさえなければ」に思うこと

     「コロナさえなければ」と思うことが、時折あります。コロナさえなければ、今頃は東京オリンピック・パラリンピックが予定通り開催され、熱中症患者の続出といったトラブルがあったとしても、東京を中心にお祭りムードに包まれていたことでしょう。安倍1強政権もまだ続いていたかもしれない。
     しかし、コロナがあろうとなかろうと、地方経済はすでに疲弊の度を増しており、コロナによる需要の急減は、最後のダメ押しにすぎないという面もあります。
     目の前のイベントやコロナ危機も重要ですが、さまざまに形を変える川の流れだけではなく、川底のありように目を凝らさなければ、諸課題の解決もままならないのではないでしょうか。

最新号の案内2020年9月26日号

表紙

特集賢人100人に聞く! 日本の未来

コロナ禍により、世界の経済・社会環境が従来とは一変した。このウィズコロナ、さらにアフターコロナの時代をいかに生き抜けばよいのか。経済や産業、株価から国際情勢、医療や教育の未来に至るまで計100人もの“賢人”に総力取材し、知恵を授けてもらった…