最新号表紙 最新号

2020年11月7日号[730円]

新しいマネジメントの教科書

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

ココが見どころ

コロナで求められるスキルが急変!
社内調整型のおじさん大ピンチ!

週刊ダイヤモンド11月7日号の第一特集は「新しいマネジメントの教科書」です。コロナにより出世と会社の仕組みはガラリと変わり、管理職に求められるスキルは激変しました。ところが、まだ頼るべき教科書が世の中にはありません。そこで本特集では企業30社以上と専門家や医師などに取材。出世・人事評価、チーム作り、育成、コミュニケーション、メンタルケアなど、管理職に求められるすべてのスキルの新しい教科書を作りました。

目次

特集新しいマネジメントの教科書

  • 仕事のルールがコロナで大激変 現場の上司必読の「今」の教科書だ!
  •  
  • 【Part 1】コロナ禍でのマネジメントってどうすべき? 超入門編
  • 規模や職種で異なる出社体制 「リモート派」vs「対面派」どの判断が正解?
  • 激変ぶりに悩み噴出! マネージャー座談会
  • 若手がこの冬、大量離職!? 陰で悩む部下を救う「コーチ型上司」になろう
  • 事例から学ぼう 各社のコロナ対応
  •  
  • 【Part 2】出世の力学が激変する 人事評価編
  • 人事評価の種類や基準を振り返ろう! 会社の色で変わる”評価の仕組み”
  • ”ほったらかし”の目標管理はもう古い! ミニMBOで”ワリフリ上手”な上司へ
  • 出世の常識が180度変わる!? 話題沸騰の”ジョブ型”雇用で、窓際化を回避せよ
  • 事例から学ぼう 日本企業のジョブ型雇用
  •  
  • 【Part 3】リモートワークで行動様式が大きく変化 コミュニケーション編
  • チーミング メンバーが離れた場所にいる、業務に応じて入れ替わる… リーダーが行うべき「チーミング」とは?
  • 〈インタビュー〉簾 孝志(AGC常務執行役員人事部長)
  • 〈インタビュー〉齋藤恵太(グッドパッチ Goodpatch Anywhere事業責任者)
  • 〈Column〉業務効率がぐんと上がる! コミュニケーションツール「Slack」Tips集
  • ファシリテーション オンライン会議は「準備が8割」 会議ファシリテーション プロが教える成功の心得
  • プロジェクトマネジメント 出世・転職の必須スキル!多様化社会の共通言語 童話で習得!プロジェクトマネジメント
  • 〈インタビュー〉飯田剛弘(ビジネスファイターズ代表)
  • 不要? 縮小? それとも維持? 激変するオフィスの存在意義 誰もいない空間でもなくしてはいけない理由とは?
  •  
  • 【Part 4】顔を合わせない部下の不調にどう気付く? メンタルケア編
  • リモートワークで「孤独」「不安」…部下のメンタル不調問題が深刻! 部下も自分も守るメンタルチェックリスト12項目
  • 産業医が指南! 部下を追い込まない「聞く力」
  • 〈Column〉コロナ禍で自殺が増加傾向、周りの人ができることは?
  • コロナ禍のメンタルヘルス対策をどうする? 上司のケアも考慮したTOTO、産業医の力を集結したリコー
  • 事例から学ぼう メンタルヘルスケア
  • 〈インタビュー〉前野隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
  •  
  • 【Part 5】”オンライン慣れ”は早い者勝ち?! 採用&育成編
  • 現場と人事部の総力戦で増加する「内定辞退」を防げ! オンライン新卒採用「3つの秘技」とは
  • 事例から学ぼう 内定者フォロー
  • 事例から学ぼう 新人研修
  • 事例から学ぼう オンライン研修
  • 〈Column〉成長企業があえて飲み会を開催 ”雑談力”は新必須スキルに

特集2銀行員 完全転職マニュアル

News

  • 【Close Up】大赤字でも「美しいリストラ」の正体 ANAが航空機の次に切るもの
  • 【Close Up】虎の子の上場子会社、日立建機を売却も 日立が保有株「半分」温存の理由
  • 【Close Up】ルームエアコンでパナを抜き首位奪還目前 ダイキン躍進の「二つの理由」
  • 【オフの役員】デビット・ベネット(レノボ・ジャパン社長)

ウォール・ストリート・ジャーナル発

  • トランプ氏逆転はあるか ここを押さえればまだ可能
  • 株式投資家よ、大統領選後のパーティーはまだ早い

マーケット

  • 【為替市場 透視眼鏡】
  • 米国の政治が混乱しても中期株高・ドル安の枠組み不変(田中泰輔)
  • 【金融市場 異論百出】
  • Go Toトラベルで忘れてはいけない「つけはいつ誰が払う?」の視点(加藤 出)

データ

  • 【数字は語る】▲45.9% 中小企業の2020年度の経常利益(計画、前年度比)(村瀬拓人)

ダイヤモンド・オンライン発

  • 実績が超優秀でも組織を壊す「要注意人材」を、面接でどう見抜くか

連載・コラム

  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • 小林快次/大人のための最先端理科
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 校條 浩/シリコンバレーの流儀
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • 読者アンケート
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る

次号予告

2020年11月14日号

特集最強の武器「経済学」

特集2肉と魚の経済学

※特集タイトルや内容は、変わることがあります。

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 塙 花梨

    紆余曲折あった特集コンセプト、決め手は友人の愚痴

     実は「コロナ禍でのマネジメントの教科書」というコンセプトに行き着くまで、紆余曲折がありました。
     ビジネススキルの特集を担当することが決まり、すでに別のテーマで走りだしていたものの、「コロナで価値観が変わってしまった今、例年通りのビジネススキルに読者は関心があるのだろうか?」という疑念が拭えませんでした。そんなとき、フルリモートで働く友人から「オンラインだと上司とやりにくい」という愚痴を聞いたのです。
     きっと友人と同様のストレスを抱える人はたくさんいるはず。それならば、コロナ禍での仕事の悩みや企業の対策をたくさん取材して解決策を探す企画にしよう!と思い至り、無事、今回の特集ができました。

  • 編集長 山口圭介

    金がものいう「瀕死」の民主主義、21年は歴史的転換点か

    「今は行き過ぎだけど、揺り戻しで改善されるから大丈夫」。米ワシントンD.C.に独自の人脈を持つ衆議院議員と10月末に懇談した際、彼は米大統領選の金権選挙ぶりをそう評しましたが、むしろ逆かもしれません。
     政治献金の上限撤廃により、両陣営で4桁億円の大金が飛び交っています。企業や富裕層のマネーが際限なく流れ込む、金がものをいう世界。「一人一票」の民主主義の土台はもはや崩れ去っています。
     日本学術会議問題で任命拒否された宇野重規教授は近著で、世界的に民主主義が「瀕死」の状態にあると指摘しています。米大統領選は11月3日の投票日後も混乱は必至。2021年は民主主義の終わりを象徴する歴史的転換点となる気がします。

先週号の案内2020年10月31日号

表紙

特集ゼネコン・不動産の呪縛

都心オフィスに空室が出始めた。空室率は景気の鏡。景気が沈めば空室率も不動産市場も逆回転を始める。すると民間工事が冷え込み、東京五輪・パラリンピックや再開発による建設ラッシュが途切れる踊り場に立つゼネコン・建設業界に波及する。菅政権は「困った…

特集2コンサル激変

東京大学や京都大学の就職先人気企業でトップに食い込むコンサルティング業界。だが、戦略立案から実行へのシフトや、経営のデジタル化の進展により、コンサルに求められる役割が様変わりしている。コンサルの今の姿を、業界トレンド、人材、トップへのインタ…