最新号表紙 最新号

2021年1月23日号[730円]

航空・鉄道 最終シナリオ

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

ココが見どころ

航空・鉄道の「業界大胆再編・地方崩壊・人事の内実」に迫る

『週刊ダイヤモンド』1月23日号の第1特集は「航空・鉄道 最終シナリオ」です。ANAホールディングス、日本航空、そしてJRや私鉄各社はコロナ禍の直撃を受けて大赤字に陥っています。コロナ禍の非常事態を乗り越えても、旅客ビジネスはもう元には戻りません。では各社はどう動けばいいのか。すでに崩壊の危機にある地方交通を守りたい自治体はどうすればいいのか。この世界で働く社員たちの内実とは?航空・鉄道の「最終シナリオ」に迫ります。

目次

特集航空・鉄道 最終シナリオ

  • 【Prologue】航空も鉄道も旅客激減で大赤字! 業界再編を迫る!
  •  
  • 【Part 1】ANA・JAL・JR・私鉄 最終シナリオ
  • 両社大反対でも議論突入へねじ込む ANA・JAL統合論の圧力
  • JR×航空、JR×JR、JR×私鉄 「超再編」最終シナリオ検証
  • 東急も阪急もまるで”身内” 「民鉄16社会」の内実と序列
  •  
  • 【Part 2】給料・出世・リストラ エリート異変
  • ANAが年収でJALと立場逆転 「40歳・1千万円」からの転落
  • ANAもJALも外資系航空も 「憧れのお仕事」大没落
  • JAL破綻で辞めたCAは今? 「新旧キャリア形成」事情
  • 社内にはキャリアとノンキャリア構造 JRの出世ルート&待遇序列
  • 〈Column〉国交官僚の間で交互にできるANA派世代とJAL派世代
  • 〈Column〉リニア新幹線計画を阻むJR東海の「問題カルチャー」
  •   
  • 【Part 3】空港・鉄道危険度ランキング 地方・自治体叫喚
  • 全国84空港「廃港危険度」ランキング 自治体が出向を受け入れる訳
  • はっきりと分かれた両社の明暗! ANA・JAL国内路線「廃止危険度」ランキング
  • 全国84空港「国際線依存度」ランキング 北海道と福岡のしくじり
  • ワースト3は4割を超す利用客減少! JR全175路線「廃線危険度」ランキング
  • 「半分はあと1年でつぶれる」 地方交通生き残りの最終手段

特集2「マーケティング思考」の戦略・組織論

News

  • 【ダイヤモンドレポート】
  • エコノミスト11人に聞く 緊急事態宣言で激震 マイナス成長再び!
  • 【特別インタビュー】
  • 河野太郎大臣に聞く改革の行方 デジタル化へ規制を”砕く”
  • 河野太郎(行政改革担当大臣)
  • 【オフの役員】大塚博行(カーライル・ジャパン日本副代表)

ウォール・ストリート・ジャーナル発

  • 2021年の投資、やってはいけないこととは
  • 民主主義の健全度合い、市場で測れるのか

マーケット

  • 【株式市場 透視眼鏡】
  • 21年は経済活動正常の年 景気敏感株、バリュー株に注目(居林 通)
  • 【金融市場 異論百出】
  • 中国デジタル人民元に通貨覇権を握られる心配は当面ない理由(加藤 出)

データ

  • 【数字は語る】83.2兆円 2021年度国債発行計画(当初予算)における短期国債の発行予定額(小黒一正)

ダイヤモンド・オンライン発

  • 総務相が初めて明かす、ドコモ「異次元値下げ」に至る舞台裏 武田良太総務大臣インタビュー(中)

連載・コラム

  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • 藤田一郎/大人のための最先端理科
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 校條 浩/シリコンバレーの流儀
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る

次号予告

2021年1月30日号

特集慶應三田会 vs 早稲田稲門会

※特集タイトルや内容は、変わることがあります。

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 松野友美

    縮小、提携、前倒し……業績悪化で鉄道業界のニュース続々

     特集の主役となった鉄道業界のニュースがどんどん飛び込んできます。旅行事業の縮小や鉄道事業者同士の連携、今春に予定されていた終電繰り上げを前倒しする検討…。大手鉄道はもともと経営が安定していて、業界の大きな動きはありませんでしたが、コロナ禍による業績の悪化が背中を押しています。
     それでも大手ならば、経営を立て直すために売れる事業や資産があるでしょう。しかし、地方にはそれがありません。大都市圏と地方の格差は大きく開いていて、もはや生死の境界になりつつあります。
     多くの取材先で「苦しくても事業をやめられない」という言葉を聞きましたが、公共インフラとしての矜持だけが地方の支えになっているのは悲し過ぎます。

  • 編集長 山口圭介

    高まる菅政権への不平不満、宣言解除が後ろ倒しなら致命傷も

    「当店はどんな厳しい要請が発令されようが応じていきます」。再度の緊急事態宣言に対して、よく通っているお店のマスターが珍しく真摯な宣言をSNS上でしていたので、開店直後に少しだけ顔を出してきました。
     このお店、家賃がべらぼうに高い所にあるため、「協力金が一律1日6万円というのは家賃の安い個人店からしたらバブルでしょ。スピード感を考えると一律で仕方ないのは分かるけど、不公平感が半端ない」との本音も。
     1月のNHKの世論調査では、菅内閣の不支持率が初めて支持率を上回りました。世論とずれた政権の対応に不平不満が燎原の火のごとく広がっており、さらに宣言解除が延期されようものなら、致命傷となりそうです。

先週号の案内2021年1月16日号

表紙

特集夫婦の相続

約40年ぶりの民法大改正、税制改正による増税、超高齢社会の到来や家族観の変容など、相続を取り巻く環境は激変している。従来の制度や価値観では解決が難しい事例が増えているが、これからの相続は、自分だけでなく、「夫婦」単位で考えた方が、家族円満の…

特集2世界が変わる GAFA解体指令

GAFAを規制せよ、解体せよ──。米国の巨大IT企業4社に吹き付ける逆風は、2021年ますます厳しいものになるだろう。GAFAを巡り、世界で一体何が起こっているのか? この特集を読めば、続発する「GAFA解体」報道を知識ゼロから理解できるよ…