記事一覧:特集22552

  • 特集2
    【Column】 既存技術を成長分野に転用 県内企業に広がる「医工連携」

    2014年10月18日号  

    新たな成長産業はヘルスケア分野にあり──。かつて、地場産業である金属加工や造船、自動車関連の技術を基に新しい企業、産業が興ったように、地元企業の技術を応用して、成長が期待される医療・福祉ビジネスを創出していこうという「医工連携」の動きが、県内で広がっている。

  • 特集2
    独創性とチャレンジ精神に富む 広島ナンバーワン企業の系譜

    2014年10月18日号  

    「一点突破、独自技術へのこだわり、育てる文化」というセオリーによって、ナンバーワン、オンリーワンの座を堅持する広島企業の数々を紹介しよう。

  • 特集2
    他と同じことはしない! 原点回帰で復活したマツダ

    2014年10月18日号  

    たとえ、窮地に陥っても他と同じことはしない。そればかりか、さらに個性を先鋭化させる。広島に本社を置くマツダは“賭け”に勝利し、欧州ブランドに近づくことも可能かもしれない。

  • 特集2
    しまなみ海道とレモンに見る 広島発ブランドのつくられ方

    2014年10月18日号  

    本州と四国を10本の橋で結ぶ「しまなみ海道」が自転車乗りの間で脚光を浴びている。また、国産レモンの6割以上を占める広島レモンも急速に認知度を高めている。その背景を追った。

  • 特集2
    長期低迷から抜け出し 好循環に入った赤ヘル軍団

    2014年10月18日号  

    2004年にOBの川口和久氏らと「東京カープ会」を結成し、低迷が続くカープに提言し続けてきた二宮清純氏が、カープのこれまでを振り返り、これからを占う。

  • 特集2
    松田一宏(広島東洋カープ常務取締役オーナー代行)インタビュー

    2014年10月18日号  

    独自のグッズ開発に力を入れ始めたのは10年くらい前からです。他球団と比べて商品点数自体が多いのと、自分たちで開発して、在庫も自ら持つ商品が多い。5~6割がオリジナル商品です。

  • 特集2
    カープの経済効果は214億円 スポーツが生む地域一体化

    2014年10月18日号  

    カープとサンフレッチェ。二つのプロスポーツチームを持つことによる経済効果、社会的効果は大きい。「する、観る、語る」を軸にしたスポーツとまちづくりは広島の強みの一つだ。

  • 特集2
    湯﨑英彦(広島県知事)インタビュー

    2014年10月18日号  

    一点突破と呼ぶかは別として、意味合いとしてはその通りです。マツダは内燃機関を突破口にブランド構築をしているし、青山商事は紳士服に焦点を当てて世界で最もスーツを売る会社になった。ジーンズの生地で国内トップのカイハラや、100円ショップのダイソー、簡易食品トレーのエフピコ、ボールのモルテンなど、ドメインを絞って高いシェアを取る「選択と集中」を実行している企業が県内には多いですね。

  • 特集2
    独自技術に裏打ちされた 一点突破と市場育成の歴史

    2014年10月18日号  

    広島のスポーツと産業・企業には、共通した“勝ちパターン”がある。それは、規模や総合力で劣る者が強者に打ち勝つときの常とう手段でもある。そんな「広島モデル」を学んでいこう。

  • 特集2
    一点突破の 広島カープモデルの底力

    2014年10月18日号  

    むやみにウイングを広げて総合力で勝負するのではなく、自分の強みを研ぎ澄ませることで強者や中央に挑む。それが「広島モデル」だ。そんな「一点突破主義」ともいうべき戦い方には、イノベーションを起こすためのヒントが隠れている。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 副編集長 浅島亮子

    この国の矛盾を凝縮した日本郵政は昭和の遺物

     小泉内閣時の郵政選挙で、政治家も国民もあれだけ熱狂的に踊ったのに、統治不全の危機的状況にある今、日本郵政を政治テーマとすることはタブー視されています。
     民営化したので、ジリ貧になれば大リストラは必至のはず。でも、40万人の雇用にメスを入れる経営判断は難しい。かといって放置すれば、地方の〝生活インフラ〟として安全網の役割を担ってきた郵便局の存続問題に発展します。
     都市と地方、旧郵政官僚と郵便局長、経営と労組。こうした対立構造を内包する日本郵政は昭和の遺物。郵政など潰してしまえばいいという意見もあるでしょう。でも、コロナ禍で深刻化する「格差拡大」を是正する存在でもある。この国の矛盾を凝縮した組織でもあるのです。

  • 編集長 山口圭介

    五輪は政局に直結、衆院選で小池都知事の奇跡を呼ぶ可能性も

     東京五輪が混沌の中で始まります。
     個人的な関心は陸上競技。陸上一家で育ち、私を除く父母兄の3人は100㍍の選手でした。3人に比べ鈍足だった私はサッカーに逃げ、トラックには足を踏み入れませんでしたが、憧れからか見るのは大好きです。
     肉体的な瞬発力の芸術ともいえる100㍍で、10秒の壁を越えた日本人スプリンターの奇跡を期待しています。
     今回の五輪は政局に直結します。
     五輪成功による支持率回復を狙う政府与党。その思惑が外れるようなら、政治的な瞬発力に長けた小池都知事がにわかに国政復帰し、五輪後に予定される衆院選で奇跡を起こす可能性もゼロではありません。

先週号の案内2021年7月24日号

表紙

特集弁護士・司法書士・社労士 序列激変!

弁護士、司法書士、社会保険労務士は、法務や労務手続きに関する専門知識を持つ、企業にとって欠かせない存在だ。文系エリートの彼らは腕一本で稼ぐ“一匹おおかみ”としての顔を持つ一方、一般企業の社員と同じく熾烈な序列競争を戦いながら、日々変化するテ…

特集2埼玉vs千葉 勃発! ビジネス大戦

「ださいたま」「ちばらき」……。東京都、神奈川県に次ぐ、「首都圏3番手」の座を争い、お互いののしり合ってきた埼玉県と千葉県。この争いを、もう馬鹿にすることはできない。コロナ禍で加速する「脱・東京集中」の受け皿を巡り、企業、市民から両県に熱視…