記事一覧:特集10409

  • 特集 Part3
    早くもブーム到来! カラダに効く ヘルスケア&フィットネス系ウェアラブル機器

    2013年10月05日号  

    本格的なウェアラブルコンピュータの登場を待たなくとも、私たちの生活には、四六時中、身に着けて使用するさまざまな機器が入り込みつつある。すでに市場に出回り、人気を博しているアイテムをご紹介する。

  • 特集 Part2
    腕時計の形状は進化の序章! サムスンが打ち出す新世代機器

    2013年10月05日号  

    サムスンが満を持して投入するウェアラブル機器を体験した。

  • 特集 Part2
    【Column】 “メガネ”を着用し続け20年! 開発者は「サイボーグ教授」

    2013年10月05日号  

    グーグルグラスを開発したのはグーグル社内でも未来技術を専門的に開発する「Xラボ」と呼ばれる部隊だ。そして、その中でもトップシークレットとされたグーグルグラスのプロジェクトで、技術主幹を務めたサッド・スターナー・ジョージア工科大学教授は、ウェアラブル機器の第一人者として知られる。

  • 特集 Part2
    実際に使ってみてわかった グーグルグラスの課題と懸念

    2013年10月05日号  

    グーグルグラスはすでに、一部のアプリ開発者や先進ユーザーに対し、試験的に販売されている。いち早く入手したジャーナリスト、石川温氏が、その使い勝手を報告する。

  • 特集 Part1
    スマホの“限界”が見えてきた

    2013年10月05日号  

    「下を向いて、のっぺりとしたガラスの画面をこすって歩く姿が、はたして最終形なのだろうか?」グーグルの共同創業者で技術部門担当社長を務めるセルゲイ・ブリン氏は、今年2月に開かれたプレゼンテーションイベント「TED2013」の壇上で、自分のスマートフォン(スマホ)の画面をのぞき込みながらこう話した。

  • 特集
    スマホの次はこれが来る!グーグル、アップル、サムスンが狙う未来端末

    2013年10月05日号  

    アップルの新型iPhoneが発売された。しかし、かつての興奮はない。もはやスマートフォンは新しい体験を提供してくれるものではなくなった。技術的には成熟した製品となった。代わって注目を浴びているのが、メガネ型、腕時計型などの「ウェアラブルコンピュータ」だ。実際、グーグル、アップル、サムスン電子といったスマホ時代の巨人たちは、「スマホの次」のデジタル機器の主役を張るであろう、「身に着ける」コンピュータにかじを切っている。

  • 特集 Part3
    東京五輪が一つの試金石に! 脱スマホで始まる“着用進化論”

    2013年10月05日号  

    今年に入り、続々と製品化されているウェアラブル機器。もはや誰もが使用するスマホのように、コンピュータの“着用”が当たり前の時代はすぐ来るのか。その“進化”を予測する。

  • 特集 Part3
    映画・アニメは 電脳機器をどう描いたか

    2013年10月05日号  

    未来を描いた映画やアニメでは、さまざまな身に着ける情報機器が登場する。架空のことと、侮ることなかれ。リアリティを感じさせる描写や、進化の行き着く先にはどのような問題が生じるかを考えさせる作品も多い。未来の映画といえば、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズを思い浮かべる日本人は少なくないだろう。「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」には、バナナの皮を燃料にして空を飛ぶ車、サイズを自動調整する洋服、宙に浮くスケートボードなどが登場する。

  • 特集 Part2
    グーグルグラスが引き起こす 新しい体験と思わぬ社会変革

    2013年10月05日号  

    その眼鏡(グラス)をかけて、「OK glass,Google」、そうつぶやけば、目の前にグーグルの検索スクリーンが現れ、今見ているモノ、人について検索できる。右目部分に小型の透過ディスプレイが配置されていて、検索結果は現実の風景に重ね合わせて表示されるのだ。米グーグルが開発を進めている「グーグルグラス」はメガネ型の情報端末。ウェブ検索だけでなく、写真やビデオの撮影と再生、道案内、メッセージ送信や通話などさまざまな機能が搭載されている。

  • 特集 Part3
    磯 光雄(アニメ「電脳コイル」監督)インタビュー

    2013年10月05日号  

    仮想空間が見える電脳メガネが大流行する未来を描いたアニメ「電脳コイル」。磯光雄監督にウェアラブルの未来を聞いた。

  • 特集 Part2
    32歳インド人天才開発者「プラナフ・ミストリー(サムスン電子シンクタンクチーム責任者)」に直撃インタビュー

    2013年10月05日号  

    「未来へようこそ!」。9月4日にドイツ・ベルリンで開かれた「ギャラクシー・ギア」の発表会。訛りの残る英語とともに、壇上に上がったのは、あどけなさの残るインド人の青年だった。青年の名は、プラナフ・ミストリー。インドの片田舎で生まれ育ち、名門のインド工科大学を卒業後、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。米マイクロソフトやグーグルでの勤務経験もある。

  • 特集 Part3
    【Column】 マイクロソフトが鋭意開発中 カラダを使った未来の操作

    2013年10月05日号  

    「コンピュータのユーザーインターフェース(UI)は、MS-DOSのような文字ベースのCUI(キャラクターUI)で始まり、アイコンを用い、マウスで操作するGUI(グラフィカルUI)を経て、今はNUI(ナチュラルUI)への転換点といえる」日本マイクロソフトの最高技術責任者を務める加治佐俊一氏はそう説明する。実際、マイクロソフトでは、次世代のUIの研究に余念がない。

  • 特集 Part4
    スマホの二の舞いにはならない 勝ち残る“日の丸企業”はどこだ

    2013年10月05日号  

    スマートフォン市場で、米アップル、韓国サムスン電子の世界の2大巨頭に煮え湯を飲まされ続けている日本企業。ウェアラブル機器で存在感を示せるか。

  • 特集 Part4
    日本版グラス「テレパシー」 米国を拠点にグーグルに挑む

    2013年10月05日号  

    シリコンバレーで今、グーグルグラスの向こうを張るメガネ型の未来機器に取り組む日本人がいる。そのプランと意気込みを聞いた。(文中敬称略)

  • 特集 Part4
    一般人への訴求には壁がある

    2013年10月05日号  

    腕時計をパソコンにすれば好きなソフトを入れ、さまざまなことができる。こうしてラピュータは誕生した。名前は身に着けたまま走る「Run Computer」が由来だ。初代は期待以上に売れたが、パソコンと接続しなくてもインターネットができるNTTドコモの「iモード」の登場が致命的だった。

  • 特集 Part4
    左手首の時計はファッションだった

    2013年10月05日号  

    新製品は普通、最低でも1万台は売れる。しかし、3000台しか売れず、「反省していろ」と組織は即解散、ひどい目に遭った(笑)。当時のコンセプトは、精密機械の技術で他社にできない情報機器を作ること。1週間持つ電池や、非接触で充電とパソコンとのデータ通信を可能にする防水構造、パソコンのスケジュール帳とリンクさせ、時間が来ると通知する機能など、約2年かけて開発した。

  • 特集 Part4
    時計の針が早過ぎた? 辞書に、カメラに、電話機に 国産腕時計の進化の歴史

    2013年10月05日号  

    腕時計の歴史をひもとくと、約30年前と約10年前に“多機能時計”のブームが来ていたことがわかる。国内メーカーの代表的な製品を一挙公開しよう。

  • 特集 Part4
    センサー、無線通信、電池… 普及の鍵は部品の進化が握る

    2013年10月05日号  

    表示盤が500円玉の大きさを超えると、女性は腕に着けない──。デジタル腕時計を手がけるある国内の精密機器メーカーが、数十年にわたる製品開発を通じ、骨身に染みるほど学んだ“鉄則”だ。細い女性の腕に不釣り合いなサイズの表示盤は敬遠され、途端に売れ行きが悪くなるのだという。裏を返せば、500円玉サイズに収めることさえできれば、腕時計型のウェアラブル機器は、男女を問わず幅広く普及する可能性を秘めているともいえる。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 羽富宏文

    死後の手続きは準備が全て、お薦めは「見える化」

     8月よりダイヤモンド編集部に記者として参加しています。テレビマンの傍らライターとして幅広く書いてきましたが本誌で記事を書くのは目標の一つでした。Y編集長いわく、「紙に親しむ世代の最も関心が高いテーマ」。初仕事が今号の特集でした。
     今夏、大切な人を病で亡くしました。闘病を支え続け、自宅でみとりました。悲嘆に暮れる暇もなく葬儀の準備に追われる中で、死後の手続きまで考えが及びませんでした。
     死後の手続きは準備が全てです。失意の中でスルーしないためにはどうするか?お薦めは、死後の手続きを「見える化」しておくこと。紙に手続きの期限と内容、必要な書類を書いて目に留まるところに張っておく。気軽に実践してほしいです。

  • 編集長 山口圭介

    2年ぶりに母校で講義、初心に帰る良い機会

     大学でリアルの授業が再開し、母校で2年ぶりにメディア論の講義をしてきました。激変のメディア業界でどう勝ち残っていくかのケーススタディー。後半は特集企画の課題に挑戦してもらいましたが、皆、発想が柔軟で良い刺激を受けました。
     講義後にゼミの恩師を訪ねたら、矢継ぎ早にメディアに対する厳しい質問が飛んできて、学生に戻ったような緊張感を味わいました。私が所属していたのは統計的手法で企業分析を行うゼミで、「スポーツのように勉強する」がモットー。試行錯誤しながら自らの仮説を検証していく作業は、今の自分の原点です。
     最近、仕事の進め方で少し迷いがあったのですが、久しぶりの母校は初心に帰る良い機会となりました。

先週号の案内2021年10月23日号

表紙

特集株入門

何事も最初が肝心だ。株投資は特にそうである。そもそも株価はどのようにして動くのか。投資の基礎をそこから始めてしっかりと固めたい。さらに具体的に投資商品では何が〇で何が×か、どんな投資手法を用い、どの株を買えばいいのか。実践に向けて必須ポイン…

特集2目指せGAFA! メガベンチャー番付

GDPも株価も米国に差をつけられた日本。米国と比較すると、企業の新陳代謝が進まなかったことも大きな要因だ。だが、時価総額上位にエムスリーが登場するなど、日本にも「メガベンチャー」が育つ環境が整いつつある。注目企業を徹底解剖すると同時に、「次…