記事一覧:From Readers From Editors421

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年04月13日号  

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年04月06日号  

    今年は年初から手痛いロスカットのスタートとなった。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年03月30日号  

    駆け出しの記者だったころ、証券取引所にはまだ立会場がありました。場立ちと呼ばれた証券会社の人たちが、株価を付けるポストに集まり、それぞれの注文を通しました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年03月23日号  

    「5Gの読み方って、『ファイブジー』なの? 『ゴジー』なの?」

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年03月16日号  

    勤続10年でもらえる休暇を利用して2週間、海外へ英語を勉強しに行ってみました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年03月09日号  

    本誌が農業特集のために今回も「担い手農家アンケート」を行うことに、ある農協幹部は驚いていました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年03月02日号  

    農耕を始めた時期の差が今の世界の勢力図を決めた──。ジャレド・ダイアモンド博士が『銃・病原菌・鉄』で展開した独創的な歴史観には、歴史が苦手だった私も、とりこになりました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年02月23日号  

    ある最高技術責任者(CTO)によれば、「学生時代からパソコンやネットのある環境で育ったデジタルネーティブ世代が就職氷河期と重なったこと。これが日本の不幸だった」とのこと。本来、デジタル革命の最前線で活躍していたはずの人材が、大企業に就職できなかったり、ITベンダーの下請けに潜ったりした、という解釈です。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年02月16日号  

    「クレーマー撃退法」というと、サービス業の方に向けた特集だと思われるかもしれません。実は違います。クレーマーというのは、周りの至る所にいます。家族、友人、職場の同僚、仕事の取引先、客。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年02月09日号  

    数学と共に「役に立たない」と批判されることが多い古文。1月下旬、そんな古文の話題で、インターネット上がにぎわいました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年02月02日号  

    ネットフリックス、アマゾンのプライムビデオ、日経新聞、WSJ、ニューズピックス、エバーノート、ドロップボックス……。自分のスマホアプリを見るだけでも、さまざまなサブスクリプションサービスを利用しています。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年01月26日号  

    消費増税を含む6.3兆円の税収増(見込み)に対し、安倍政権は人気と景気の低迷を恐れて6.6兆円の“増税対策”を講じます。税収増を上回る還元策に「何のための増税か」との声が上がるのはもっともな話。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年01月19日号  

    わが家でしばしば話題に上るのが、11年乗っている今のクルマです。ほぼ週末にしか乗らないので、カーシェアリングの方が割安だということは分かっています。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2019年01月12日号  

    健康にまつわる情報は、自分に都合よく解釈されがちです。酒についてもしかり。エビデンス(科学的根拠)に基づいて考えれば、アルコールは体に良くないと言うしかないでしょう。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2018年12月29日号  

    腰が痛いです。2019年の予測で頭をいっぱいにして迎えた特集締め切り最終日。18年の夏休みに痛めた腰が再び悲鳴を上げました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2018年12月22日号  

    周囲の人たちに、『学問のすすめ』を読んだことがあるかと聞くと、「ある」と答えたのは1人だけ。他の福沢諭吉の書籍に至っては、ゼロでした。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2018年12月15日号  

    電撃的な逮捕劇から3日後。本来ならば、カルロス・ゴーン氏に単独インタビューをする予定になっていました。彼は、ありきたりの質問をするとつまらなそうな顔をするので、通常バージョンの取材よりも「3割増し」のアグレッシブな質問をするようにしています。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2018年12月08日号  

    世界最高の栄誉のノーベル賞受賞者にこれだけ幅広く取材できる機会もありません。特に、名古屋大学の天野浩教授の話が印象的でした。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2018年12月01日号  

    当欄は今号の第1特集にまつわる話題を書くことにしているのですが、やはりスルーできない、締め切り真っ最中に飛び込んできたカルロス・ゴーン氏逮捕の件。まず、容疑が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)という第1報に戸惑いました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2018年11月24日号  

    普段、何げなく行っている飲食店。しかし「外食(新)格付け」特集(11月17日号)を読み、納得したのは、顧客総合満足率のランキングだ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 山出暁子

    真価問われる大学のコロナ対応

     コロナの感染拡大が騒がれ始めた今年2〜3月は「何だか大変そうだぞ」と思いつつ、しばらくすれば収まるだろうと高をくくっていました。が、いまだ収束の兆しナシ。どうやら長丁場になりそうです。
     今号の特集で幾つか大学を取材しました。キャンパスに学生がいない、ガランとした風景は何とも言えないものでした。この春、緊急対応に追われた大学は、今後は緊急ではない、長期化を見据えた対応が必要になります。思い描いていたキャンパスライフを送ることができない学生たちといかに向き合うか。大学の真価が問われそうです。
     コロナ長期化を見据えて向き合うといえば、私もそろそろコロナ太りと真剣に向き合わなければ……。

  • 編集長 山口圭介

    長崎の『アロハ猟師』に刺激

     朝日新聞記者の著作『アロハで猟師、はじめました』に刺激を受けました。
       著者の近藤康太郎氏は渋谷生まれで米ニューヨークにも駐在した都会派ながら、なんと私が小中高を過ごした長崎県諫早市の田舎支局で猟師になった変わり種です。その語りは単なる体験記にとどまらず、ニーチェや大岡昇平ら先人の言葉を引き合いに、生と死に基づく野性的文明論が展開され、ぐいぐい引き込まれました。
     鬼籍に入った父も狩猟が趣味で、私自身、食糧を〝現地調達〟するキャンプに強制参加させられていました。「命」と向き合う機会はそうそうありません。「3密」の世界をしばし離れ、深遠な猟の世界に足を踏み入れてみたくなりました。

先週号の案内2020年8月1日号

表紙

特集今選ぶべき会社・業界・仕事ランキング

コロナ禍で中途・新卒採用市場は激変した。そこで転職・就職市場や企業人事に通じたプロたちへの取材を敢行。ランキング8本、トップ転職エージェント31人・転職市場調査、年間MVP転職エージェント4人座談会、主要89社「働き方・採用計画」調査などの…