2017年6月24日号[710円]

  • すべて
  • 特集
  • 特集2
  • 特集3
  • DIAMOND REPORT
  • NEWS
  • マーケット・人物
  • 企業・産業
  • 連載
  • コラム
ハゲタカシリーズ第5弾「シンドローム」 野口悠紀雄「超」整理日記 経済・メディア・情報を捌く 後藤謙次 永田町ライヴ! 櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 洞察 プロ野球解説者 宮本慎也

記者の目

  • 編集部 岡田 悟

    安易に安心をうたう商品にロクなものはない

    「私も不動産投資とか始めた方がいいのかな。低金利だし」──。初対面の30代半ばの独身女性は、しきりにこう口走っていました。
     いくら高い知性を持つ人であっても、不動産業界に存在する独特のルールや習慣を知り、投資とリターンの関係について学ばなければ、成功を収めるのは難しいでしょう。
     ワンルームマンションや相続税対策のためのアパート建設において、日々、熾烈な営業活動が繰り広げられているようですが、将来不安や重い税負担に悩む人々に、収益を十分に生まない物件を売りつける業者が後を絶たないのは残念です。
     おいしいもうけ話や、安易に安心をうたう商品にロクなものはありません。気を付けましょう。

  • 編集長 深澤 献

    「おまえなんかに売ってやらない」なら分かるけど…

     職場によく投資用マンションの営業電話がかかってきます。普段は「仕事中なので」とガチャ切りしますが、その日はたまたま時間があったため、好奇心から話を聞いてみることにしました。
     もちろん買う気などないので、生返事と時々意地悪な突っ込みを入れながら相手をしていると、その雰囲気が伝わったのか、「こっちは一生懸命説明しているのに、その態度は何だ」と逆ギレされました。電話を切っても再度かかってきて「こっちはあんたの勤務先も自宅も分かってる。これから行くから待ってろ」と。「来てどうするの?」と聞くと、「絶対、買わせてやる」。あれ? 持ち掛けてきたのは“もうけ話”のはず。「おまえなんかに売ってやらない」なら分かるけど……。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!