2016年1月23日号[本体657円+税]

最新号表紙

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

  • すべて
  • 特集
  • 特集2
  • DIAMOND REPORT
  • NEWS
  • マーケット・人物
  • 企業・産業
  • 連載
  • コラム

記者の目

  • 編集長 田中 博

    売れた数学特集の進化版をお届け

    「数学なんて売れるわけありませんよ!」。忘れもしない今年1月、刷り上がったばかりの「使える! 数学」という特集号の表紙タイトルを目にした部員からこんな声を投げ掛けられました。
     確かにビジネス誌が組む特集としてはやや異質。しかしながら、常日頃、読者の知的好奇心の高まりを実感していたため、作り次第ではいけるとひそかに思っていました。
     実際、ゲラを読みながら「これは大丈夫」と確信していただけに、その部員には「君の特集よりは売れる! 賭けてもいいよ」とむきになって返した覚えがあります。
     今号はいわばその進化版。確率と統計という二大要素を深く理解すれば、現実のビジネスでも武装できる──そんな狙いを込めました。

  • 編集部 鈴木崇久

    2人の子供の性別で学んだ人類の不確実性との戦い

    「女の子の夢を見た。やっぱり女の子だと思う」
     5年ほど前のある日、第1子を授かった妻が目を輝かせていました。占いなどは信じない合理主義者のはずですが、以前から女の子を欲しがっていたので、「夢のお告げ」とばかりに飛び付いたようです。
     しかし、エコー写真を見た産婦人科医の「お股の所に〝付いて〟いますね」の一言で、お告げは当てにならないことが判明しました。
     その後、第1子ほど性別を気にしていなかった第2子は女の子が誕生。子どもの性別がどちらかの確率は「神のみぞ知る」なのでしょう。
     ただ、ちまたでは男女の「産み分け」に関する情報が出回っているようです。人類の不確実性との戦いは終わらなそうです。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート JTB旅行券1万円が抽選で当たる! いますぐ資料請求!