2016年1月16日号[本体657円+税]

  • すべて
  • 特集
  • 特集2
  • DIAMOND REPORT
  • NEWS
  • マーケット・人物
  • 企業・産業
  • 連載
  • コラム
週刊ダイヤモンド デジタルサービスの提供を終了いたします

記者の目

  • 副編集長 臼井真粧美

    台風で電車が止まっても手術は止まらない

     9月8日夕方、東京在住にもかかわらず都内のビジネスホテルにチェックインしました。
     翌9日朝にロボット支援手術の取材を予定。台風15号の直撃で公共交通機関が動かなくなりそうだったため、病院の近くに前泊したのです。「電車が止まったら、手術は延期かも」と思いつつ。
     翌朝、多くの電車がストップしました。徒歩で病院に向かい、手術室が集まるフロアを訪れると、大勢のスタッフが行き来し、どうやら通常モード。お目当ての手術室では医者、看護師らがそろって準備を終えており、予定時刻ぴったりに手術が始まりました。
     世の中の台風騒動からまるで隔離されたかのように、患者に、手術に、集中する空間でした。

  • 編集長 山口圭介

    同窓会で自分だと気付いてもらえない理由

     高校時代の同級生から同窓会の連絡がありました。関東在住の卒業生を一堂に集めた大同窓会を初めて開催するというのです。
     こうした地元の集まりとは距離を置いてきました。特にポリシーがあるわけではなく、ただ太ったから。体重が1.5倍に膨れ上がり、誰も自分だと気付いてくれないのです。激変ぶりに、北朝鮮工作員による背乗り(成り済まし)を疑われたこともあります。
     激太りの先にあるのは、今週号の特集でも登場する糖尿病、脳卒中、心筋梗塞……。
     11月末には大学のゼミのOB会、年明けには高校のクラス会もあります。健康のため、そして級友にいじり倒されないため、最終手段の人生2度目のライザップ、行ってこようかな。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!