2014年8月9日号[本体657円+税]

  • すべて
  • 特集
  • 特集2
  • NEWS
  • マーケット・人物
  • 企業・産業
  • 連載
  • コラム

記者の目

  • 副編集長 浅島亮子

    IT人材と就職氷河期との関係

    ある最高技術責任者(CTO)によれば、「学生時代からパソコンやネットのある環境で育ったデジタルネーティブ世代が就職氷河期と重なったこと。これが日本の不幸だった」とのこと。本来、デジタル革命の最前線で活躍していたはずの人材が、大企業に就職できなかったり、ITベンダーの下請けに潜ったりした、という解釈です。  一方で、現在、高度人材の年収相場をつり上げているIT企業の経営者やCTOが同じ世代だったりもします。つまり、最初の就職先はともかく、本人の努力次第でIT人材のキャリアは開けるということなのかも。  かくいう私も同世代。プログラミングの素養を身に付け、人使いの荒さではなく、論理的思考で勝負したい。

  • 編集長 深澤 献

    スキルチェンジ狙い(?)でプログラミングに挑戦

    IT人材不足なら、われわれも痛感しています。雑誌事業もデジタル方面に大きくかじを切っていかなければならないとき、社内にエンジニアと呼ばれる人種が足りないのです。  本誌がよくやる見開きの大図版を、デジタル技術を駆使して効果的に見せるインフォグラフィックスに仕上げようと思っても、外注するしかなく、とんでもない金額と納期がかかります。  そういうのを内製できるといいな……。そんな切実な思いから、今号でプログラミングに挑戦しました。超ハードスケジュールで、寝不足になりましたが、なかなか刺激的な体験でした。記事にも書いた「本気でスキルチェンジ狙います!」は、あながち冗談ではありません。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!