2013年7月6日号[本体657円+税]

  • すべて
  • 特集
  • 特集2
  • NEWS
  • マーケット・人物
  • 企業・産業
  • 連載
  • コラム
週刊ダイヤモンド デジタルサービスの提供を終了いたします

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    七つの街に住んできた

    学芸大学に始まり、荻窪、鶯谷、船堀、立川、北沢、笹塚と、学生時代から就職・転勤・転職などに伴って、都内だけで七つの街に移り住んできました。  引っ越し先選びの基準は「いい飲み屋街があるか」の一点張りでしたが、その街でマンションを購入して長く住むとなると、さすがにそれだけでは足りません。  今号の特集は「地震、水害に強く、資産価値が下がりにくいマンションランキング1410」。マンション選びでにわかに関心を集めているのが、資産価値を激減させる災害リスクです。  特集では最寄り活断層までの距離や地震時の揺れやすさ、想定浸水深など、災害リスクを踏まえた独自ランキングを掲載。必読です。

  • 論説委員 田中久夫

    武蔵小杉のマンション

    弊社に、武蔵小杉のマンションに住んでいる社員がいます。浸水した物件より2㍍ほど高い立地のため、浸水は免れました。近くには、警察署、区役所、大学病院があるそうです。役所、神社仏閣の類いは高台に立っていることが多く、その周辺であれば水害等に遭ったとしても、比較的安全です。  実家近くの神社も高台にありますが、震災で崩壊した市役所は元の低地に再建築されました。駅に近く利便性が高いため、コンパクトシティー化を進めるには最適でも、見るからに脆弱な地盤です。  地盤の固い高台に移動すれば、元の場所周辺はかなり廃れるでしょう。街の集約化と災害対策の両立の問題は、実家周辺に限らず、日本全国でありそうです。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
いますぐ資料請求!