よくあるご質問

お困りのことがございましたら、お問い合わせの前にご覧ください。また、ご不明の場合やお急ぎの場合は、ダイヤモンド・サービスセンター(TEL:0120-700-853)までお問い合わせください。

  • 定期購読について
  • デジタルサービスの登録・ログイン
  • デジタルサービスの内容
 
定期購読について
デジタルサービスの登録・ログイン
デジタルサービスの内容
  • 定期購読について

    定期購読の開始号はいつになりますか?
    ハガキ、電話、FAXでお申し込みの場合は、約2週間後からのご購読となります。Webサイトからお申し込みの場合は、開始号をご指定いただけます。
    詳しくは弊社サービスセンターまでお問い合わせください。
    雑誌の送付先を変更したいのですが、どうすればよいですか?
    お届け先・ご請求先の変更」ページからお手続きいただくか、ダイヤモンド・サービスセンターまでご連絡ください。
    読者番号を忘れてしまったのですが、どうすればわかりますか?
    雑誌をお届けする封筒がお手元にあれば、宛名ラベル右下に印字されている数字が読者番号ですので、ご参照ください。複数冊をご購読いただいている場合、ひとつのパッケージになっていなければ、それぞれに読者番号がついています。

    例)雑誌が入っている封筒の宛名ラベル

     
  • デジタルサービスの登録・ログイン

    定期購読をしているのに記事が読めません。
    デジタルサービスのご利用には「デジタルサービスの利用登録」が必要です。詳しくは「デジタルサービスとは」ページの「ご利用方法」をご確認ください。
    ID・パスワードを忘れてしまいました。
    ID・パスワードをお忘れの方は、こちらのページから確認してください。
    パスワードを変更することはできますか。
    こちらのページにログインしてください。ログイン後の画面右下にある「ユーティリティ>パスワード変更」からお手続きいただけます。
    メールアドレスを変更することはできますか。
    ダイヤモンド・サービスセンター(TEL:0120-700-853)までご連絡ください。
    正しいID、パスワードを入力してもログインできません。
    デジタルサービス「ウェブで読む」は、ブラウザの設定でクッキーを有効にしないとログインできません。下記の設定後、再度ログインをお願いします。

    ■iPhone/iPad
    • ホーム画面から「設定」-「Safari」を選択
    • 「Cookieをブロック」 を選択
    • 「訪問したWebサイトを許可」を選択
    ■Android
    • ブラウザ右上からメニューを開き、「設定」を選択
    • 「サイトの設定」を選択
    • 「Cookie」の項目を選択
    ■パソコン(IE9)
    • メニューから「ツール」を押して、「インターネットオプション」を選択
    • 「インターネットオプション」画面の「プライバシー」タブを選択
    • 「詳細設定」画面の「自動Cookie処理を上書きする」をチェックし、ファーストパーティのCookieを「受け入れる」、サードパーティのCookie「受け入れる」を選択
    デジタルサービスの利用登録の申し込み後、一定の時間が経過してもメールが届きません。
    メールアドレスが誤って入力されているか、何らかの理由によりお客様がご利用のメールサーバが上記メールを受け付けない設定となっている場合がございます。ご登録内容を確認いただき、「デジタルサービスの利用登録」ページから再度お手続きください。

    ・誤ったメールアドレスを登録してしまった場合
    ⇒ 再度、正しいメールアドレスを登録してお手続きください。
    ・正しいメールアドレスを登録しているのにメールが届かない場合
    ⇒ 他のメールアドレスを登録してお手続きください。
    「デジタルサービス ご登録手続きメール」に記載されたURLが無効になっているのですが?
    1週間を過ぎると「デジタルサービス ご登録手続きメール」に記載されたURLは無効となります。URLが無効になった場合は、お手数ですが「デジタルサービスの利用登録」ページから再度お手続きください。
  • デジタルサービスの内容

    雑誌「週刊ダイヤモンド」のすべての記事を配信していますか?
    本誌の特集や連載、小説などすべての記事を収録していますが、著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版を掲載していない場合があります。
    バックナンバーも読めますか?
    ご利用いただく機能によってバックナンバーの閲覧可能な範囲が異なります。 また、閲覧可能な範囲の記事であっても、著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版を掲載していない場合があります。

    [ウェブで読む]の場合
    2011年12月以降の記事が読めます。

    [電子雑誌で読む]の場合
    2013年5月以降の記事が読めます。

    [記事PDFを探す]の場合
    1999年1月以降の記事が読めます。

    その他ご不明な点などがございましたらダイヤモンドサービスセンターまでご連絡ください。

ダイヤモンド・サービスセンター

[受付時間 平日9:30〜17:30 土日祝休み]

TEL0120-700-853FAX0120-700-863

平日夕方はお電話が混み合う場合がございます
あわせて「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービスの提供を終了いたします

記者の目

  • 編集部 堀内 亮

    日銀幹部「またぞろ財テクに走らないといいですが……」

     取材した外資系ファンドのマネジャーが放った一言は、ズシリと重く響きました。「日本で投資に値するほど、成長している産業があるか。ほとんどない。われわれが不動産に投資するのは、いわば消去法」。
     もちろん、彼の言っていることが、全て正しいわけではありません。しかし、電力や鉄道といったインフラ系を中心に異業種が、不動産事業に一層力を入れている現状を目の当たりにすると、なんだか複雑な心境になりました。
     もう一つ、脳裏に浮かんだまま消えない日本銀行幹部の言葉があります。警鐘を鳴らす意味も込めて紹介しておきます。「平成バブルのときのように本業をおろそかにして、またぞろ財テクに走らないといいですが……」

  • 編集長 山口圭介

    「不動産時計」で東京の針はピークの0時の直前で止まったまま

     不動産の特集でよく参考にしたのが、外資系不動産サービス大手が提示している「不動産時計」です。
     世界主要都市のオフィス賃料の動向を示したもので、0時をピークに0~6時は賃料の下落局面。6時をボトムに6~12時までが賃料の上昇局面にあることを表しています。オフィス賃料は不動産市況の象徴といえますが、東京の針はピークの0時の直前で止まったままだそうです。
     日本の不動産のピークアウトはいつか──。需給を重視する不動産関係者はしばらくないと楽観的、シクリカルなマネーの流れを重視する金融関係者は米クレジットバブル崩壊が引き金になり、いつ起きてもおかしくないとも。
     今号では危うい不動産市場の内実に迫りました。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
いますぐ資料請求!