記事一覧:Book Reviews 私の「イチオシ収穫本」225

  • 日本の近代史を「人種体験」で精神分析するユニークな著作

    Book Reviews 私の「イチオシ収穫本」
    日本の近代史を「人種体験」で 精神分析するユニークな著作

    2014年11月22日号  

    痛い。読んでいて、何度も胸をかきむしりたくなる。努めて忘れようとしていた過去を、これでもかと見せつけられるからであろう。本書は、明治時代以降の近代日本の歩みを「人種体験」という視点で描いた精神分析の試みである。近代日本のエリートたちにとって、洋行(欧米への留学)は必須科目であった。しかし渡航先では、背が高く、色の白い人たちに劣等感を抱く。今日よりも平均身長が低く、言葉でも苦労が多く、さらに人種的偏見も強い時代だった。

  • 保守を統治の思想へ高めるその有効性を示す骨太の書

    Book Reviews 私の「イチオシ収穫本」
    保守を統治の思想へ高める その有効性を示す骨太の書

    2014年11月15日号  

    近年、フランス革命を保守の立場から批判したエドマンド・バークが注目されている。理由の一つは、バークが真の社会契約を世代間のパートナーシップだと喝破していた点だ。社会や国家は、現在生きている人だけの共同事業ではなく、祖先とわれわれ、そしてわれわれと子孫の間の共同事業なのである。

  • 書き手が抑制を効かせて綴る超大国の実像をめぐる群像劇

    Book Reviews 私の「イチオシ収穫本」
    書き手が抑制を効かせて綴る 超大国の実像をめぐる群像劇

    2014年11月08日号  

    その厚みにおいて書店でもひときわ目立つ本である。実に687ページ。多忙なビジネスパーソンにとって、とても読んでいる時間などないのではないかと思わせる。しかし、目次を見ると、気になって仕方がない。1970年代から2010年代にかけて、米国の人々が辿った道が語られる。その中には、ニュート・ギングリッチ(政治家)、レイモンド・カーヴァー(作家)、サム・ウォルトン(ウォルマート創業者)、ロバート・ルービン(元財務長官)、ピーター・ティール(ペイパル創業者)らのビッグネームが含まれる。

  • 経済の初心者でも理解できる欧州リスクの未来を描く好著

    Book Reviews 私の「イチオシ収穫本」
    経済の初心者でも理解できる 欧州リスクの未来を描く好著

    2014年11月01日号  

    ギリシャショックにより、市場が混乱した2009年の秋以降、ユーロ圏の悲観論を語る欧州関連の経済書が次々と出版されている。こうした流れの中で出版された本書だが、いたずらに悲観論に終始することなく、実務的な観点から欧州経済の行方を詳細に分析している。主に二つの内容から構成されている。

  • 日本国憲法をアイドルに講義勘所を押さえた優れた入門書

    Book Reviews 私の「イチオシ収穫本」
    日本国憲法をアイドルに講義 勘所を押さえた優れた入門書

    2014年10月25日号  

    ぱっと見の印象は、AKB48の人気に便乗した際物、だろう。『憲法主義』というタイトルも耳慣れないし(実際、そういう専門用語はない)、帯でも、著者の表記でも、高校生(現在は慶應大学生)の内山奈月さんを前面に押し出している。書店では、アイドル本のコーナーに並んでいることも多い。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービスの提供を終了いたします

記者の目

  • 編集部 鈴木洋子

    寿命が半年縮んだ

    昨年の今頃、受診した人間ドックから「肝臓に大きな影がある。早急に精密検査をして」とものすごい勢いで電話がありました。大学病院で「肝臓がん疑い」と電子カルテに入力され、それから精密検査の日まで夜も眠れず食事の味もしませんでした。幸い結果は「いかにもがんに見える良性結節」。診察室で腰が抜けましたが、検査の日までの2週間でたぶん寿命も半年縮みました。 「がんかもしれない」と言われて中ぶらりんにされるストレスたるや。検査や健診は行けば行くだけいいといったイメージがありますが、いろいろなデメリットはもっと認識されるべきですよね。そういえば健診特集の締め切りで忙しく今年度はまだ人間ドック行けてません。

  • 編集長 山口圭介

    業績悪化の本格化はこれから

    「住宅バブル崩壊」が2008年の世界金融危機のきっかけとなりました。今また金融危機の懸念が強まっていますが、その引き金があるとすれば「社債バブル崩壊」でしょう。  超低金利の長期化に苦しむ投資家は、リスク度外視で高い利回りを求めて低格付け社債を〝爆買い〟してきました。世界の社債発行残高は1400兆円に膨張、うち半分は低格付け社債です。コロナショックで投資家がリスク回避姿勢を強め、米社債市場から資金が大量流出しています。  米FRBは「社債市場の国有化」(市場関係者)とも言える新枠組みなど、なりふり構わず大型支援策を打ち出しましたが、業績悪化の本格化はこれから。さらなる資金流出が避けられません。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
いますぐ資料請求!