記事一覧:特別対談3

  • 特別対談
    将棋電王戦開幕 人間vsコンピュータ

    2013年04月06日号  

    今年3月から、将棋の現役プロ棋士がコンピュータを相手に本気で勝負する「将棋電王戦」が始まった。飛躍的な進化を遂げるコンピュータに対し、日本最高峰の頭脳集団が勝てるのか。主催するドワンゴとのコラボ企画として、羽生善治三冠と川上量生・ドワンゴ会長に将棋とITの進化、そして経営について語ってもらった。

  • 特別対談
    【Column】 チェスは1997年に敗北 将棋はプロが勝てるのか

    2013年04月06日号  

    3月に始まった将棋電王戦第一局はプロ棋士側が完勝したが、まだ油断はできない。第四局には2012年に故・米長邦雄・前日本将棋連盟会長を破った旧ボンクラーズ(プエーラ・アルファ)が参戦するからだ。開発者の伊藤英紀氏は「すでに名人を超える強さです。負けませんよ」と言う。対する塚田泰明九段も会見で「名人は超えていないですよ」と言い、火花を散らしている。

  • 特別対談
    【Column】 将棋の歴史を塗り替えた 羽生善治三冠の華麗なる軌跡

    2013年04月06日号  

    最多獲得タイトル歴代1位、連続タイトル保持21年超、最多同時タイトル七冠──。羽生善治氏の歩みは、将棋史を塗り替えていった軌跡でもある。7歳で将棋を覚えてから15歳で四段に昇段、史上3人目の中学生棋士になり、プロデビューを果たす。それ以降も圧倒的な強さを見せて、19歳で初のタイトルである竜王を獲得。極みは25歳で七大タイトルすべてを独占し、史上初の七冠を達成して、将棋界の頂点に立った。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 副編集長 清水量介

    大人の夏の勉強にぴったり

     8月といえば、夏休み。わが家には、小学生の子供がいるのですが、夏休みの宿題には、毎年苦労しています。
     かくいう私も子供のころは、夏休みの宿題をまったくせずに、9月に登校。毎年のように学校の先生に怒られて、廊下に立たされていました。苦い思い出です。
     そんな自分の経験からか、財務の特集は、とにかく楽しく易しい構成を心掛けています。大人の夏の勉強にぴったりな100本ノックを、キャッチしてみてください。
     また、「財務のこんなことが知りたい」「職場や投資ではこういう場面で財務に関して悩む」といった要望や意見がありましたら、上記の「読者欄」係の宛先までお寄せくだされば幸いです。

  • 編集長 深澤 献

    「左利きの内野手」という違和感

    「決算書100本ノック」というタイトルに合わせ、表紙には守備練習する野球選手の絵を用いました。
     ところが、当初使おうとしていたイラストを見た野球好きの営業部長が「これ左利きじゃないですか。一塁手を除けば左利きの内野手なんていませんよ」。確かに内野は右利きでないと一塁に送球しにくい。「じゃ、一塁手ということで」「だったらファーストミットをしてないと」「なら外野手だ」「外野の練習で100本ノックはしません!」
     というわけで、晴れて右利きの選手の絵になり、「モヤモヤが解消した」と営業部長は満足げです。でも人間って、多少の違和感がある方が、むしろ気になって手に取ってくれるのではという懸念も一方であったりして……。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!