記事一覧:特別対談3

  • 特別対談
    将棋電王戦開幕 人間vsコンピュータ

    2013年04月06日号  

    今年3月から、将棋の現役プロ棋士がコンピュータを相手に本気で勝負する「将棋電王戦」が始まった。飛躍的な進化を遂げるコンピュータに対し、日本最高峰の頭脳集団が勝てるのか。主催するドワンゴとのコラボ企画として、羽生善治三冠と川上量生・ドワンゴ会長に将棋とITの進化、そして経営について語ってもらった。

  • 特別対談
    【Column】 チェスは1997年に敗北 将棋はプロが勝てるのか

    2013年04月06日号  

    3月に始まった将棋電王戦第一局はプロ棋士側が完勝したが、まだ油断はできない。第四局には2012年に故・米長邦雄・前日本将棋連盟会長を破った旧ボンクラーズ(プエーラ・アルファ)が参戦するからだ。開発者の伊藤英紀氏は「すでに名人を超える強さです。負けませんよ」と言う。対する塚田泰明九段も会見で「名人は超えていないですよ」と言い、火花を散らしている。

  • 特別対談
    【Column】 将棋の歴史を塗り替えた 羽生善治三冠の華麗なる軌跡

    2013年04月06日号  

    最多獲得タイトル歴代1位、連続タイトル保持21年超、最多同時タイトル七冠──。羽生善治氏の歩みは、将棋史を塗り替えていった軌跡でもある。7歳で将棋を覚えてから15歳で四段に昇段、史上3人目の中学生棋士になり、プロデビューを果たす。それ以降も圧倒的な強さを見せて、19歳で初のタイトルである竜王を獲得。極みは25歳で七大タイトルすべてを独占し、史上初の七冠を達成して、将棋界の頂点に立った。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 定期購読キャンペーン「20,000円」

記者の目

  • 編集部 重石岳史

    この重税感…でも英国よりはましだった

     給与明細を見ると、「こんなに税金を取られているのか」といつもがくぜんとします。所得税や消費税が増税されれば家計の負担はさらに増すことになり、やり場のない怒りを抱く人も多いのではないでしょうか。
     もちろん納税は、公共サービスに欠かせない国民の義務です。ただし日本人だけが重い税金を支払わされていないか。気になったので各国の税事情を調べてみました。
     国税庁によれば、所得税と住民税の負担水準は、日本では年収700万円の場合に39・2万円。米国は37・3万円とほぼ変わりませんが、英国はなんと135・3万円だそうです。この比較を見てどう感じるかはその人次第ですが、観念して払い続けようと私は思いました。

  • 編集長 深澤 献

    ロボットの“扶養控除対象親族”として暮らしたい

     AIやロボットが人間の仕事を奪うという話題があります。でも、もし完全に自分と同じだけの仕事をこなすロボットが実現したなら、私はそれを買って代わりに出社させ、給料を稼いできてもらうでしょう。そして私は、所得税納税者たるロボットの“扶養控除対象親族”としてのんびり暮らすのです。
     問題は、そのロボットの値段。あまりに高いと、そいつがいくら稼いできてもローンで消えていきそうです。逆に安いと、会社から「同じロボットを買ったから、もう来なくていいよ」と言われそう。
     人間に代わるロボットを導入する企業に「ロボット税」を課し、失職した人々に再分配すべきといった議論が海外では始まっていますが、その行方に興味津々です。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!