記事一覧:特別対談3

  • 特別対談
    将棋電王戦開幕 人間vsコンピュータ

    2013年04月06日号  

    今年3月から、将棋の現役プロ棋士がコンピュータを相手に本気で勝負する「将棋電王戦」が始まった。飛躍的な進化を遂げるコンピュータに対し、日本最高峰の頭脳集団が勝てるのか。主催するドワンゴとのコラボ企画として、羽生善治三冠と川上量生・ドワンゴ会長に将棋とITの進化、そして経営について語ってもらった。

  • 特別対談
    【Column】 チェスは1997年に敗北 将棋はプロが勝てるのか

    2013年04月06日号  

    3月に始まった将棋電王戦第一局はプロ棋士側が完勝したが、まだ油断はできない。第四局には2012年に故・米長邦雄・前日本将棋連盟会長を破った旧ボンクラーズ(プエーラ・アルファ)が参戦するからだ。開発者の伊藤英紀氏は「すでに名人を超える強さです。負けませんよ」と言う。対する塚田泰明九段も会見で「名人は超えていないですよ」と言い、火花を散らしている。

  • 特別対談
    【Column】 将棋の歴史を塗り替えた 羽生善治三冠の華麗なる軌跡

    2013年04月06日号  

    最多獲得タイトル歴代1位、連続タイトル保持21年超、最多同時タイトル七冠──。羽生善治氏の歩みは、将棋史を塗り替えていった軌跡でもある。7歳で将棋を覚えてから15歳で四段に昇段、史上3人目の中学生棋士になり、プロデビューを果たす。それ以降も圧倒的な強さを見せて、19歳で初のタイトルである竜王を獲得。極みは25歳で七大タイトルすべてを独占し、史上初の七冠を達成して、将棋界の頂点に立った。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集部 大矢博之

    忘れられない入試問題

     忘れられない入試問題があります。特集でも取り上げた、三角関数の加法定理の証明です。
     配布された問題冊子を開き、目に飛び込んできたのは受験勉強で当たり前のように何度も使った式。やられた、と頭が真っ白になりました。
     証明は教科書のあの辺りのページに載っていたはずなのに……と思い出そうとしても、出てこないものは出てこない。結局ロクな証明ができないままタイムアップ。
    「証明できない定理を使っていたの? 基本をおろそかにしちゃ駄目じゃない」と、出題者に諭されているように感じました。
     あらためて自戒の念を込めるとともに、当時の出題の衝撃を伝えたくて、特集の題材に選びました。

  • 編集長 深澤 献

    12という数の不思議

     根っからの文系の割に、「数の神秘」のような話は好きで、最近は巡回数「142857」というネタを本で読んで感動しました。とはいえ、もっぱら目に触れるのは近代数学の整数論の基礎である10進法に基づく話。きっと2進法にも12進法にもそれぞれの美しさがあるんだろうなと想像しますが、そこまで手が回りません。
     ただ、12は常々不思議だなと思っていて、1年は12カ月、時計は12時間で1周だし、星座や干支も12。さらにはキリストの12使徒や平安時代の十二単まで、世界中至る所に出現します。10進法が人間の指の数からきているのは想像が付きますが、親指で残りの4本の指の関節に触れていくと「12カ所」あり、それで数を数える人もいると知り、また驚いたのでした。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!