記事一覧:特別対談3

  • 特別対談
    将棋電王戦開幕 人間vsコンピュータ

    2013年04月06日号  

    今年3月から、将棋の現役プロ棋士がコンピュータを相手に本気で勝負する「将棋電王戦」が始まった。飛躍的な進化を遂げるコンピュータに対し、日本最高峰の頭脳集団が勝てるのか。主催するドワンゴとのコラボ企画として、羽生善治三冠と川上量生・ドワンゴ会長に将棋とITの進化、そして経営について語ってもらった。

  • 特別対談
    【Column】 チェスは1997年に敗北 将棋はプロが勝てるのか

    2013年04月06日号  

    3月に始まった将棋電王戦第一局はプロ棋士側が完勝したが、まだ油断はできない。第四局には2012年に故・米長邦雄・前日本将棋連盟会長を破った旧ボンクラーズ(プエーラ・アルファ)が参戦するからだ。開発者の伊藤英紀氏は「すでに名人を超える強さです。負けませんよ」と言う。対する塚田泰明九段も会見で「名人は超えていないですよ」と言い、火花を散らしている。

  • 特別対談
    【Column】 将棋の歴史を塗り替えた 羽生善治三冠の華麗なる軌跡

    2013年04月06日号  

    最多獲得タイトル歴代1位、連続タイトル保持21年超、最多同時タイトル七冠──。羽生善治氏の歩みは、将棋史を塗り替えていった軌跡でもある。7歳で将棋を覚えてから15歳で四段に昇段、史上3人目の中学生棋士になり、プロデビューを果たす。それ以降も圧倒的な強さを見せて、19歳で初のタイトルである竜王を獲得。極みは25歳で七大タイトルすべてを独占し、史上初の七冠を達成して、将棋界の頂点に立った。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 定期購読キャンペーン 図書カード3000円分プレゼント

記者の目

  • 副編集長 浅島亮子

    ゴーンさんのピークはいつだったのか?

     電撃的な逮捕劇から3日後。本来ならば、カルロス・ゴーン氏に単独インタビューをする予定になっていました。彼は、ありきたりの質問をするとつまらなそうな顔をするので、通常バージョンの取材よりも「3割増し」のアグレッシブな質問をするようにしています。
     今回考えていたのは、「ゴーンさんのピークはいつだったのか?」です。どうも急速に日産自動車への興味を失っているように見えたからです。
     一体ゴーン氏はどう回答していたのでしょうか。きっと、「今がピークに決まっている」 だったと思います。個人的には、「米ゼネラル・モーターズのCEOになりたかったの?」と質問したときの彼の笑顔が一番生き生きしていたような気がします。

  • 編集長 深澤 献

    気になる国内外のメディア論調の違い

     ゴーン氏批判一辺倒の国内報道に対し、海外はむしろ同氏に擁護的です。本誌と提携する米「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙を読みながら、内外の論調の違いは気になっていました。
     今号では、在仏のコンサルタントの永田公彦氏も、日本特有の「集団手のひら返し」現象に苦言を呈しています。
     国内大手新聞のネタ元が検察であることは明白です。何しろゴーン氏の帰国を空港で待ち受けて、撮影していた新聞もあったくらいですから。
     しかしその検察も、現状の報酬の過少記載だけで立件できるかは微妙です。無罪となれば、国際的な世論を背景にゴーン氏の大反撃が始まるでしょう。そのとき、日産のみならず、日本のメディアは耐えられるでしょうか。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!