記事一覧:特別対談3

  • 特別対談
    将棋電王戦開幕 人間vsコンピュータ

    2013年04月06日号  

    今年3月から、将棋の現役プロ棋士がコンピュータを相手に本気で勝負する「将棋電王戦」が始まった。飛躍的な進化を遂げるコンピュータに対し、日本最高峰の頭脳集団が勝てるのか。主催するドワンゴとのコラボ企画として、羽生善治三冠と川上量生・ドワンゴ会長に将棋とITの進化、そして経営について語ってもらった。

  • 特別対談
    【Column】 チェスは1997年に敗北 将棋はプロが勝てるのか

    2013年04月06日号  

    3月に始まった将棋電王戦第一局はプロ棋士側が完勝したが、まだ油断はできない。第四局には2012年に故・米長邦雄・前日本将棋連盟会長を破った旧ボンクラーズ(プエーラ・アルファ)が参戦するからだ。開発者の伊藤英紀氏は「すでに名人を超える強さです。負けませんよ」と言う。対する塚田泰明九段も会見で「名人は超えていないですよ」と言い、火花を散らしている。

  • 特別対談
    【Column】 将棋の歴史を塗り替えた 羽生善治三冠の華麗なる軌跡

    2013年04月06日号  

    最多獲得タイトル歴代1位、連続タイトル保持21年超、最多同時タイトル七冠──。羽生善治氏の歩みは、将棋史を塗り替えていった軌跡でもある。7歳で将棋を覚えてから15歳で四段に昇段、史上3人目の中学生棋士になり、プロデビューを果たす。それ以降も圧倒的な強さを見せて、19歳で初のタイトルである竜王を獲得。極みは25歳で七大タイトルすべてを独占し、史上初の七冠を達成して、将棋界の頂点に立った。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集部 山本輝

    両親がもしものときは自分が……

    「ゆうちゃん、随分背が伸びたわねえ」
     祖母に会うと、よくそう言われます。ちなみに、身長はここ10年ほど伸びていませんし、そもそも私の名前は「ゆうちゃん」ではありません。
     祖母が認知症になってはや幾とせ。日に日に病状が進んでいるようです。独居の祖母の世話をしに、母は毎日のように実家へ足を運びますが、そのたびに、今日はあれをなくしただのこれを忘れただのという愚痴を聞かされます。
     私は長男なので、両親がもしものときは自分が面倒を見なければと考えていました。しかし、祖母と母の現状を見るにつけ、そう軽々しく言えることでもなさそう。
     お父さん、お母さん、どうか末永く健康でいてくださいね。ホント、切実に。

  • 編集長 深澤 献

    大人用おむつと乳幼児用おむつ

     ユニ・チャームが「大人用紙おむつの売り上げが乳幼児用を上回った」と発表したのは2012年のこと。日本の人口動態を考えれば当然かと思いつつ、衝撃を受けた記憶があります。
     その後、業界全体ではどうなっているのか、日本衛生材工業連合会の生産量統計(16年度)を調べたところ、乳幼児用の139億枚に対し、大人用は74億枚でした。あれ? 
     どうも原因は、中国人観光客の爆買いだったもよう。5年前の乳幼児用は87億枚だったので、ここ数年は異常値だったのかも。爆買いも一段落したというし、大人用市場の本格化はこれからでしょうか。そういえば最近、ネット上のターゲティング広告で〝ちょい漏れパッド〟が出てくるようになりました。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!