記事一覧:孫家の教え8

  • AI時代を豊かにする「朝飯前」の仕事

    孫家の教え
    AI時代を豊かにする「朝飯前」の仕事

    2017年08月12日号  

    人工知能(AI)の発展によって、1日の労働時間が3、4時間になるというお話を前回、前々回でしました。労働時間が短くなるので、「これから、何をして生きていけばいいのか」とか、「暇で仕方がない」と不安になる人がかなり増えることでしょう。

  • 土地に縛られない暮らし

    孫家の教え
    土地に縛られない暮らし

    2017年07月29日号  

    人工知能(AI)の時代を迎え、人間の仕事がAIに奪われて収入が減った場合、いかにして家計の支出を抑えたらよいのか。前回はそのようなお話をしました。コスト削減の話題となると、すぐに節約を考えてしまいがちです。それまでサケの切り身を食べていたのにメザシ1匹にするとか、みそ汁を具なしにするとか。会社でいえば、「コピーで裏紙を使う」ということであったり、「電気を小まめに消す」ということであったりします。

  • AIが雇用を奪うとどうなるか

    孫家の教え
    AIが雇用を奪うとどうなるか

    2017年07月15日号  

    ここ数年、人工知能(AI)やロボットが人の仕事を奪うという議論が活発になっています。専門家の中には、7~8割も雇用を奪うと言う人もいるほどです。割合はともかく、僕も今後20年を見据えると、AI・ロボット化の進展による失業の増加と、都市部への人口流入が深刻な社会問題を招くと考えています。

  • ピザから学んだ真の人材育成

    孫家の教え
    ピザから学んだ真の人材育成

    2017年07月01日号  

    最近、「人材育成」という言葉自体がもはや古いのではないかと感じています。そう思ったのも、MOVIDA JAPAN(モビーダ・ジャパン)という会社で起業家を育成する支援プログラムを行ってみて気付いたことがあるからです。

  • 「命」を運ぶドローンの進化

    孫家の教え
    「命」を運ぶドローンの進化

    2017年06月17日号  

    ひょっとしたら、フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグのような大スターになるかもしれない。そんな気にさせる30歳の若者がいます。それがケラー・リナウドです。ケラーは米ハーバード大学を卒業後、2011年に米Zipline(ジップライン)を創業しました。当時は人工知能(AI)を利用したおもちゃのロボットを開発していましたが、その後事業を転換し、小型無人飛行機ドローンの開発を始めました。

  • 持ち運べる「車」が生活を変える

    孫家の教え
    持ち運べる「車」が生活を変える

    2017年06月03日号  

    漫画『ドラゴンボール』には「筋斗雲(きんとうん)」という、雲の乗り物が出てきます。空を移動できる1人乗りの空想の乗り物ですが、ココアモーターズの代表である佐藤国亮さん(28歳)は「筋斗雲を作りたい」と言って、実際に形にしてしまったのです。

  • 自動運転で解決する物流の課題

    孫家の教え
    自動運転で解決する物流の課題

    2017年05月20日号  

    新しい町をゼロベースからつくりたい。そう言うと日本では「いや、無理でしょ」という声が上がるかもしれません。ですが、東南アジアやインドに行くと、更地から新しい地域の中核都市をつくるというプロジェクトが存在します。

  • 僕がシンガポールに渡った理由

    孫家の教え
    僕がシンガポールに渡った理由

    2017年04月29日号  

    今年1月、シンガポールに移住しました。僕が代表を務めているMistletoe(ミスルトゥ)の駐在員第1号となりました。ただし、期間は数年間に限定の予定です。なぜ移住したのかといえば、それはあるプロジェクトを進めているからです。これが実を結べば、僕の目指している「コレクティブインパクト」を生み出すことにもつながるという考えがあります。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集長 深澤 献

    平和主義者のこだわり

     争い事を好まぬ平和主義者故、戦争や暴力を想起させるデザインが苦手です。例えば迷彩柄やドクロマークなどのファッションは若いころから身に着けた記憶がありません。
     ところが先日、妻が買ってきてくれた夏用のパジャマ、なんとパンツが迷彩柄でした。「え、生まれて初めて着るかも……」と戸惑っていると、「じゃあ、着なくてもいい!」。いや、争い事はごめんなので、もちろん愛用しています。
     今週号の表紙では、背景に迷彩柄を使ったデザイン案もありました。迷っていたら、宣伝部から「ツイッターで読者の方々に候補を見せて、投票してもらいましょう」との提案。異例の公開投票の結果、最終的に〝非迷彩〟の方に決まりました。

  • 編集部 千本木啓文

    武器ランキングが充実した「内部事情」

     今回の取材で面白かったのが、「最強の武器ランキング」で現役自衛官・OBから話を聞いたことです。
     それまで会ってもらうのさえ難しかったのですが、「武器について話してほしい」と頼むと急に扉が開いた感じがしました。自衛官にとって防衛装備は命を預けるパートナー。語りたいことがあるのだと思います。
     結果的に大勢の自衛官がフランクに意見表明する一風変わったページができました。
     実は聞き取りの対象が53人に達したのは競合誌による自衛隊特集のおかげです。
     本誌が今回の特集を計画した5月、見事に先を越されてしまいました。それで、本誌の締め切りが延びたのです。東洋経済さん、ありがとうございました。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!