記事一覧:オヤジの幸福論6

  • 選択肢が多いことは良いことか?

    オヤジの幸福論
    選択肢が多いことは良いことか?

    2013年4月17日

    前回は「人間は合理的な選択ができない」ことをカーネマン教授のプロスペクト理論の観点からお話ししました。今回は、選択が人間に与える影響についてお話ししたいと思います。

  • 人間は合理的な選択ができない

    オヤジの幸福論
    人間は合理的な選択ができない

    2013年4月3日

    前回は、ビジネス戦略の立案などと同様、資産運用においても自分の特徴、つまり己の強みと弱みを知ることが大切だと書きました。これについて理解を深めていただくため、今後「行動ファイナンス」という比較的新しい学問の切り口からマーケットに接する際の人間の特性を見ていきます。

  • 揺らぐ国債の安全神話

    オヤジの幸福論
    揺らぐ国債の安全神話

    2013年2月22日

    前回は、長期投資を実践する際に基本となる資産の一つである株式についてお話ししました。今回は株式と並び長期投資の基本となる資産である債券について説明します。

  • オヤジ世代に必要な投資

    オヤジの幸福論
    オヤジ世代に必要な投資

    2012年11月28日

    前回は、シニア世代でも、例えば70歳まで働くことで人的資本が増える分、それに応じてリスクを取った資産運用ができ、結果として資産を大きく増やせる可能性があるという話をしました。今後数回にわたり投資に必要な基礎知識をご紹介していきます。

  • 国民年金の意外なメリット

    オヤジの幸福論
    国民年金の意外なメリット

    2012年4月19日

    「将来どうなるか分からない。国民年金の保険料は後回しにしよう」と思う人もいるかもしれません。しかし、結論から言うと、国民年金の保険料は無理をしてでも払ったほうが得です。

  • 年金逃げ水世代の老後サバイバル術

    オヤジの幸福論
    年金逃げ水世代の老後サバイバル術

    2012年2月2日

    当コラムは、一般に「オヤジ」と呼ばれる40代後半から50代前半の働き盛りの男性を念頭に置いたものです。年金については若者に比べ恵まれていると見られているオヤジ世代ですが、残念ながら、ハッピー・リタイアメントはもはやこの世代の人にとってさえも当たり前のことではなくなっています。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集長 深澤 献

    平和主義者のこだわり

     争い事を好まぬ平和主義者故、戦争や暴力を想起させるデザインが苦手です。例えば迷彩柄やドクロマークなどのファッションは若いころから身に着けた記憶がありません。
     ところが先日、妻が買ってきてくれた夏用のパジャマ、なんとパンツが迷彩柄でした。「え、生まれて初めて着るかも……」と戸惑っていると、「じゃあ、着なくてもいい!」。いや、争い事はごめんなので、もちろん愛用しています。
     今週号の表紙では、背景に迷彩柄を使ったデザイン案もありました。迷っていたら、宣伝部から「ツイッターで読者の方々に候補を見せて、投票してもらいましょう」との提案。異例の公開投票の結果、最終的に〝非迷彩〟の方に決まりました。

  • 編集部 千本木啓文

    武器ランキングが充実した「内部事情」

     今回の取材で面白かったのが、「最強の武器ランキング」で現役自衛官・OBから話を聞いたことです。
     それまで会ってもらうのさえ難しかったのですが、「武器について話してほしい」と頼むと急に扉が開いた感じがしました。自衛官にとって防衛装備は命を預けるパートナー。語りたいことがあるのだと思います。
     結果的に大勢の自衛官がフランクに意見表明する一風変わったページができました。
     実は聞き取りの対象が53人に達したのは競合誌による自衛隊特集のおかげです。
     本誌が今回の特集を計画した5月、見事に先を越されてしまいました。それで、本誌の締め切りが延びたのです。東洋経済さん、ありがとうございました。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!