記事一覧:Key Wordで世界を読む159

  • pink ceiling(ピンクの天井)

    Key Wordで世界を読む
    pink ceiling(ピンクの天井)

    2014年11月15日号  

    米アップルの最高経営責任者(CEO)ティム・クック氏が10月30日、ゲイ(同性愛者)であることを米誌「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」へ寄稿したエッセーの中で公表した。

  • The Hot Zone(ホット・ゾーン)

    Key Wordで世界を読む
    The Hot Zone(ホット・ゾーン)

    2014年11月08日号  

    西アフリカで猛威を振るい、欧米で二次感染が相次いでいるエボラ出血熱(Ebola virus disease)。10月23日には大都市ニューヨークで初の発症例が明らかになり、米国ではますます危機感が高まっている。

  • Buffett Indicator(バフェット指標)

    Key Wordで世界を読む
    Buffett Indicator(バフェット指標)

    2014年11月01日号  

    9月半ば以降、史上最高値圏にあった米国株が大きく下げている。米著名投資家のウォーレン・バフェット氏に理由を聞いたら「当然の下げ」という答えが返ってくるかもしれない。

  • Silicon Valley spinoff ride(シリコンバレーのスピンオフ列車)

    Key Wordで世界を読む
    Silicon Valley spinoff ride(シリコンバレーのスピンオフ列車)

    2014年10月25日号  

    米シリコンバレーの象徴的存在であるIT(情報技術)大手ヒューレット・パッカード(HP)が10月6日、会社を2社に分割する事業再編を発表した。すると、地元紙「サンノゼ・マーキュリー」は紙面上で次の質問を投げ掛けた。Who will follow HP on Silicon Valley spinoff ride?(HPに続いてシリコンバレーのスピンオフ列車に乗るのは誰か?)

  • priced for perfection(完璧な株価)

    Key Wordで世界を読む
    priced for perfection(完璧な株価)

    2014年10月18日号  

    株式市場について語るとき、「priced for perfection」という表現を耳にしたら何を想像するだろうか。直訳すれば「完璧な株価」。これを根拠に「完璧だから何も心配は要らない」と判断したら大間違いだ。

  • blockbuster IPO(ブロックバスターIPO)

    Key Wordで世界を読む
    blockbuster IPO(ブロックバスターIPO)

    2014年10月11日号  

    Blockbuster IPO(ブロックバスターIPO)、blockbuster trading debut(ブロックバスター取引所デビュー)──。9月19日に中国電子商取引の巨人(e-commerce giant)アリババがニューヨーク証券取引所へ株式上場(stock listing)すると、米メディアは「ブロックバスター(blockbuster)」という言葉を好んで使った。

  • tsunami Netflix(津波ネットフリックス)

    Key Wordで世界を読む
    tsunami Netflix(津波ネットフリックス)

    2014年10月04日号  

    Tsunami Netflix(津波ネットフリックス)──。米ストリーミング動画配信(streaming video service)大手ネットフリックスの欧州進出について、仏ラジオ局「Europe 1」はウェブサイト上でこんな表現で伝えている。

  • Rust Belt(ラストベルト)

    Key Wordで世界を読む
    Rust Belt(ラストベルト)

    2014年09月27日号  

    米中西部や北東部に「ラストベルト(Rust Belt)」と呼ばれる一帯がある。直訳すれば「さびついた地帯」だ。日本などアジア勢との競争に敗れ、巨大工場が廃虚になり、華やかな都市が廃れていったからだ。

  • point of no return(後戻りできない地点)

    Key Wordで世界を読む
    point of no return(後戻りできない地点)

    2014年09月20日号  

    Point of no return──。ウクライナ情勢をめぐってこんな言葉が相次ぎ飛び出している。欧州連合(EU)は8月30日、ブリュッセルで開いた首脳会議にウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領を招待。EUのジョゼ・マヌエル・バローゾ委員長は同大統領と会談後、記者会見でウクライナ情勢に警鐘を鳴らした。

  • flee to Canada(カナダへの脱出)

    Key Wordで世界を読む
    flee to Canada(カナダへの脱出)

    2014年09月13日号  

    米ファストフードチェーン大手バーガーキングは8月26日、カナダのティム・ホートンズの買収で合意した。世界第3位のファストフードチェーンの誕生だ。

  • openly gay CEO(ゲイを公言するCEO)

    Key Wordで世界を読む
    openly gay CEO(ゲイを公言するCEO)

    2014年09月06日号  

    米フロリダ州に本拠を置く地方銀行C1バンクの最高経営責任者(CEO)、トレバー・バージェス氏。8月15日付の米「ニューヨーク・タイムズ」のビジネス面に同氏の紹介記事が顔写真付きで載った。前日にC1バンクがニューヨーク証券取引所に株式を上場し、バージェス氏が取引開始のベルを鳴らしたからではない。上場企業に限定すると、銀行界で同氏が初の「ゲイを公言するCEO(openly gay CEO)」になったからだ。

  • data scientist(データサイエンティスト)

    Key Wordで世界を読む
    data scientist(データサイエンティスト)

    2014年08月30日号  

    米「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌が2012年10月号の特集で「21世紀最高の職業(sexiest job of the 21st century)」として挙げたのがデータサイエンティスト(data scientist)。

  • holdout creditor(不同意債権者)

    Key Wordで世界を読む
    holdout creditor(不同意債権者)

    2014年08月23日号  

    日本では米系ヘッジファンドは「短期利益ばかり追い求める」と批判されがちだ。13年ぶりの債務不履行(デフォルト)に追い込まれたアルゼンチンではその比ではない。政府から公然とハゲタカ(vulture)のレッテルを貼られ、「ヘッジファンド悪玉論」が渦巻いている。

  • Putin Doctrine(プーチン・ドクトリン)

    Key Wordで世界を読む
    Putin Doctrine(プーチン・ドクトリン)

    2014年08月09日号  

    ブレジネフ・ドクトリン(Brezhnev Doctrine)からシナトラ・ドクトリン(Sinatra Doctrine)、そして今はプーチン・ドクトリン(Putin Doctrine)──。過去半世紀を見ると、旧ソ連・ロシア外交政策はこんな変遷をたどっている。

  • substantially stretched valuations(大幅に割高な株価バリュエーション)

    Key Wordで世界を読む
    substantially stretched valuations(大幅に割高な株価バリュエーション)

    2014年08月02日号  

    最高値更新を続けるニューヨーク株式相場を見て、米連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・イエレン議長はバブルの発生(emergence of a stock-market bubble)を懸念したのだろうか。7月15~16日の議会証言(testimony)に合わせて議会へ提出した報告書の中で、株式市場についてこんな評価を示しているのだ。

  • U6 unemployment rate(U6失業率)

    Key Wordで世界を読む
    U6 unemployment rate(U6失業率)

    2014年07月26日号  

    米労働省が7月3日に発表した6月の雇用統計(employment report)は事前予想を上回る内容だった。失業率(unemployment rate)は6.3%から6.1%へ下がり、2008年9月のリーマンショック以降で最も低い水準になった。非農業部門雇用者数(nonfarm payrolls)の増加も、1990年代後半以来となる「5カ月連続で20万人以上」を達成。

  • emotional contagion(情動感染)

    Key Wordで世界を読む
    emotional contagion(情動感染)

    2014年07月19日号  

    米国で「emotional contagion(情動感染)」という言葉がにわかに注目を集めている。人の感情や気分が他人に感染するという心理学用語なのだが、きっかけは米フェイスブックによる心理実験(psychological study)だ。

  • winner's curse(勝者の呪い)

    Key Wordで世界を読む
    winner's curse(勝者の呪い)

    2014年07月12日号  

    低金利やカネ余りを背景にM&A(mergers & acquisitions=企業の合併・買収)が世界的ブームを迎え、2008年のリーマンショック以前の水準に迫っている。ソフトバンクが米TモバイルUS買収に動いたり、三菱重工業が仏アルストムのエネルギー部門買収に名乗りを上げたりするなど、日本勢もこのM&Aブームに乗っている。

  • dark pool(ダークプール)

    Key Wordで世界を読む
    dark pool(ダークプール)

    2014年07月05日号  

    米証券取引委員会(SEC)が「dark pool(ダークプール)」の実態調査に乗り出した。通常の証券取引所を通さずに大口投資家が株式を売買するダークプールの存在感が増す中、情報開示が適切に行われているかどうかなどに関心を寄せているようだ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 副編集長 山口圭介

    ソフトバンク特集を機に極限ダイエット宣言!

     76㌔──。今の私の体重です。大学卒業時の体重は49㌔。あまりに太り過ぎて、久しぶりに会った実の親から「成り済まし」を疑われました。
     ソフトバンク特集で孫さんの元参謀を取材するため、転職先のRIZAP本社を訪ねました。実は私、4年前にRIZAPで極限ダイエットに挑戦しました。結果は2カ月で11㌔痩せたものの、すぐにリバウンド。4カ月で13㌔増という惨敗を喫しました。
     RIZAP本社を訪ねた際、再びムクムクとダイエット欲が湧いてきました。
     ここで宣言します。次に編集後記を書く際は10㌔以上痩せていると! 宣言して自分を追い込む作戦です。まあ、二度と編集後記を書かないかもしれませんが。

  • 編集長 深澤 献

    "ソフトバンクの冒険"に振り回されてきた記者人生

     経済記者としてのスタートは1990年代初頭、パソコン勃興期のソフトウエア業界の担当でした。当時、ソフトバンク(SB)は知る人ぞ知る新興企業。94年の株式公開を挟み、海外企業の買収で急拡大していく過程を必死で追い掛けたものです。
     90年代の終わりに小売業担当に替わったころ、SBは電子商取引に注力し始めます。不振をかこっていた旧来型の小売事業者を脅かす存在として取材する機会が増えました。
     次に担当したのが通信業界。すると後を追うようにSBも通信業に進出し、またもやメーン担当に。その後、副編集長としてIT、インターネット産業をカバーするようになって今に至る……。結局ずっと"SBの冒険"に振り回されてきた気がします。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!