記事一覧:Key Wordで世界を読む187

  • holdout creditor(不同意債権者)

    Key Wordで世界を読む
    holdout creditor(不同意債権者)

    2014年08月23日号  

    日本では米系ヘッジファンドは「短期利益ばかり追い求める」と批判されがちだ。13年ぶりの債務不履行(デフォルト)に追い込まれたアルゼンチンではその比ではない。政府から公然とハゲタカ(vulture)のレッテルを貼られ、「ヘッジファンド悪玉論」が渦巻いている。

  • Putin Doctrine(プーチン・ドクトリン)

    Key Wordで世界を読む
    Putin Doctrine(プーチン・ドクトリン)

    2014年08月09日号  

    ブレジネフ・ドクトリン(Brezhnev Doctrine)からシナトラ・ドクトリン(Sinatra Doctrine)、そして今はプーチン・ドクトリン(Putin Doctrine)──。過去半世紀を見ると、旧ソ連・ロシア外交政策はこんな変遷をたどっている。

  • substantially stretched valuations(大幅に割高な株価バリュエーション)

    Key Wordで世界を読む
    substantially stretched valuations(大幅に割高な株価バリュエーション)

    2014年08月02日号  

    最高値更新を続けるニューヨーク株式相場を見て、米連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・イエレン議長はバブルの発生(emergence of a stock-market bubble)を懸念したのだろうか。7月15~16日の議会証言(testimony)に合わせて議会へ提出した報告書の中で、株式市場についてこんな評価を示しているのだ。

  • U6 unemployment rate(U6失業率)

    Key Wordで世界を読む
    U6 unemployment rate(U6失業率)

    2014年07月26日号  

    米労働省が7月3日に発表した6月の雇用統計(employment report)は事前予想を上回る内容だった。失業率(unemployment rate)は6.3%から6.1%へ下がり、2008年9月のリーマンショック以降で最も低い水準になった。非農業部門雇用者数(nonfarm payrolls)の増加も、1990年代後半以来となる「5カ月連続で20万人以上」を達成。

  • emotional contagion(情動感染)

    Key Wordで世界を読む
    emotional contagion(情動感染)

    2014年07月19日号  

    米国で「emotional contagion(情動感染)」という言葉がにわかに注目を集めている。人の感情や気分が他人に感染するという心理学用語なのだが、きっかけは米フェイスブックによる心理実験(psychological study)だ。

  • winner's curse(勝者の呪い)

    Key Wordで世界を読む
    winner's curse(勝者の呪い)

    2014年07月12日号  

    低金利やカネ余りを背景にM&A(mergers & acquisitions=企業の合併・買収)が世界的ブームを迎え、2008年のリーマンショック以前の水準に迫っている。ソフトバンクが米TモバイルUS買収に動いたり、三菱重工業が仏アルストムのエネルギー部門買収に名乗りを上げたりするなど、日本勢もこのM&Aブームに乗っている。

  • dark pool(ダークプール)

    Key Wordで世界を読む
    dark pool(ダークプール)

    2014年07月05日号  

    米証券取引委員会(SEC)が「dark pool(ダークプール)」の実態調査に乗り出した。通常の証券取引所を通さずに大口投資家が株式を売買するダークプールの存在感が増す中、情報開示が適切に行われているかどうかなどに関心を寄せているようだ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 定期購読キャンペーン「20,000円」

記者の目

  • 編集部 中村正毅

    業界内の調和をぶち壊しにかかろうとする存在

     昨秋の総選挙のとき、議員会館にお邪魔して先生方に取材していたら、受付で大手保険会社の名刺を発見しました。
     選挙となればおなじみの光景ですが、業界と政治との距離を考えるとこうした「ごあいさつ」は意外に大事だったりします。特にこれから税制改正要望の時期を迎えると、じわりと影響してくる場面があるかもしれません。
     そうして業界内のさまざまな動きが、半ば予定調和で進む中、そんなことにはおかまいなしと言わんばかりに、調和をぶち壊しにかかろうとする存在が今年初めから出てきています。
     あえてどこの誰とは言いませんが、保険会社が余裕をかましていると痛い目に遭うかもしれません。

  • 編集長 深澤 献

    新社会人が絶対に手を出してはいけない金融商品

     毎週、ダイヤモンド・オンラインの記事を本誌に転載していますが、今週は経済評論家の山崎元さんの「新社会人が絶対に手を出してはいけない『マネー三悪商品』」を選びました。この1週間で最も読まれ、フェイスブックで4桁の「いいね!」を集めた人気記事です。
     この記事で山崎さんが戒めているのが「保険」。いわく「独身の新入社員に、生命保険はいらない。万が一あなたが亡くなっても、悲しむ人はいるかもしれないが、生活に困る被扶養者はいないからだ」ともっとも至極。
     新入社員時代、職域営業のセールスレディに勧められるがまま過剰な保障に多額の保険料を支払っていた反省を踏まえ、あえて「保険特集」の号に載せました。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!