記事一覧:後藤謙次 永田町ライヴ!252

  • 逆風3点セットで支持率低下急浮上する「ミニ内閣改造論」

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    逆風3点セットで支持率低下 急浮上する「ミニ内閣改造論」

    2017年04月01日号  

    「安倍1強」がギシギシと音を立てて揺れている。首相の安倍晋三が政権に復帰して4年余。アリの這い出る隙もないほど盤石に見えた政権に予想外の穴があったことが露呈した。報道各社が行った直近の世論調査で、内閣支持率が軒並み低落した。その要因はいわば「逆風3点セット」だ。(1)森友問題をめぐる安倍と夫人の昭恵、(2)“共謀罪”法案と法相の金田勝年、(3)南スーダンのPKO日報問題と防衛相の稲田朋美──。

  • 都議選で「小池・公明連合」きなくさくなる自公連立の関係

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    都議選で「小池・公明連合」 きなくさくなる自公連立の関係

    2017年03月25日号  

    自民党と公明党の関係が何やらきなくさくなってきた。3月13日、7月の東京都議会議員選挙をめぐって東京都知事、小池百合子が事実上率いる「都民ファーストの会」と、都議会公明党が候補者を相互に推薦することで合意したからだ。「小・公連合」の成立といっていい。

  • 自民党大会のあいさつにヒント衆院解散は来年秋になる公算大

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    自民党大会のあいさつにヒント 衆院解散は来年秋になる公算大

    2017年03月18日号  

     「またぞろ」と言っていいだろう。「衆院解散」の4文字が新聞紙上に散見されるようになった。「4月解散」から「年内解散」、そして「任期満了(来年12月)解散」まで、それぞれに根拠を持つ解散時期が取り沙汰される。もちろん、それを決断するのは「伝家の宝刀」である解散権を握る首相、安倍晋三しかいない。

  • 安倍1強時代を揺るがすリスク森友学園問題で一躍「渦中の人」

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    安倍1強時代を揺るがすリスク 森友学園問題で一躍「渦中の人」

    2017年03月11日号  

    3月5日の自民党大会は名実共に「安倍1強時代」を確定する一大セレモニーといっていい。これまで「2期6年まで」とされた自民党総裁の任期が党則変更により「3期9年」に。安倍晋三にその意思があれば、2021年9月まで総裁の座にとどまることができるからだ。

  • 日本が見逃せないトランプ発言背後に米エネルギー政策の転換

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    日本が見逃せないトランプ発言 背後に米エネルギー政策の転換

    2017年03月04日号  

    「メディアは私に感謝しないが、少なくとも日本は(私に)感謝している」米大統領のドナルド・トランプは2月18日、米南部フロリダ州で行った演説で日本に言及した。トランプが持ち出したのは首相の安倍晋三と行った日米首脳会談でのエピソードだった。

  • 日本政府内に異なる二つの見方北朝鮮、金正男氏殺害の深層

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    日本政府内に異なる二つの見方 北朝鮮、金正男氏殺害の深層

    2017年02月25日号  

    まるで映画の「007」シリーズのような事件が起きた。13日午前9時ごろ、マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮の朝鮮労働党委員長金正恩の異母兄、金正男(45)が殺害された。韓国メディアの報道などを総合すると、女2人が毒物を使って実行に及んだというのだから言葉を失う。北朝鮮はその前日の12日には、今年になって初めて新型の中距離弾道ミサイル「北極星2」を発射している。この発射は首相の安倍晋三と米大統領のドナルド・トランプとの“蜜月会談”の最中だった。

  • 東京の中心で吹きすさぶ小池劇場「安倍1強」の権力構造に影響

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    東京の中心で吹きすさぶ小池劇場 「安倍1強」の権力構造に影響

    2017年02月18日号  

    並ぶ官庁 広場 濠(ほり) 帝(みかど)の宮居(みやい)とりめぐり わが千代田区に誉あり 大東京の中心地 江戸の名残も風情にて ここを都の都ぞと 澄めり千代田の城の月 これは昭和32(1957)年に発表された東京都千代田区の「区歌」の1番。作詞は佐藤春夫、作曲は山田耕筰だ。この区歌に盛り込まれた通り、皇居を取り囲むように国会、首相官邸、最高裁判所、そして霞が関の官庁街。まさに日本の首都東京の、そのまた中心である千代田区長選挙で東京都知事、小池百合子による“小池旋風”が吹き荒れた。

  • 圧倒的存在感を示す「内政の菅」対トランプ外交にも積極関与

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    圧倒的存在感を示す「内政の菅」 対トランプ外交にも積極関与

    2017年02月11日号  

    「横紙破り」「横車」「横暴」──。米国大統領にドナルド・トランプが就任してわずか2週間というのに、その言動は米国内だけでなく国際社会を巻き込む巨大な“台風”となっている。そのためだろう。トランプが発する言動の数々に「横」の字が付く言葉が浮かぶ。しかも“トランプ台風”はしばしば日本を直撃する。トランプは大統領選の段階からしばしば「JAPAN」に言及していたが、就任後の方がより具体的で過激な発言で対日批判をエスカレートさせている。

  • 対日で厳しい要求は避けられずトランプ登場は「平成の黒船」か

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    対日で厳しい要求は避けられず トランプ登場は「平成の黒船」か

    2017年02月04日号  

    「国民1人当たり100ドルの外国製品を買ってください」──。1985(昭和60)年4月9日。首相の中曽根康弘(当時)がパネルを横にして、指し棒を使いながら国民に呼び掛けた。今でこそ見慣れた光景になっているが、首相が記者会見でパネルを使って説明したのはこれが初めてだったように思う。

  • 「メイ・トランプショック」で大きく揺れる通商外交の2本柱

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    「メイ・トランプショック」で大きく揺れる通商外交の2本柱

    2017年01月28日号  

    「部分的に欧州連合(EU)のメンバーになるような中途半端なことはしない」──。英首相のテリーザ・メイはかつて強い英国を蘇らせたマーガレット・サッチャーを彷彿とさせた。英国が国民投票の結果、僅差でEU離脱を決めたのは昨年6月。

  • 強い対抗措置で緊張する日韓“出口論”の鍵握る二階幹事長

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    強い対抗措置で緊張する日韓 “出口論”の鍵握る二階幹事長

    2017年01月21日号  

    「在釜山日本国総領事館に面した歩道に少女像が設置されたことは、日韓関係に好ましくない影響を与える」2017年の日本外交は6日午前の官房長官、菅義偉の発言で始まった。菅はいつもの通り淡々とした表情ながら、言葉には力がこもっていた。この後、韓国に対する強い外交上の対抗措置を発表した。

  • 2017年政局を動かす最大のテーマは天皇陛下の退位問題か

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    2017年政局を動かす最大のテーマは 天皇陛下の退位問題か

    2017年01月14日号  

    穏やかな正月晴れに恵まれた2日、皇居に向かう人波が続いた。天皇陛下が新年に当たり人々から祝賀を受ける新年一般参賀が午前と午後、計5回行われたからだ。参賀に集まったのは平成に入って2番目に多い9万6700人。宮殿・長和殿のベランダに立たれた陛下は短くあいさつされた。

  • カジノ解禁法がついに成立も代償として公明党との間に溝

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    カジノ解禁法がついに成立も 代償として公明党との間に溝

    2016年12月24日号  

    「永田町から“策士”が全くいなくなった」。長く自民党の国会対策に関わってきたベテラン職員はこう嘆いた。与野党共に行き当たりばったりの国会運営の果てに臨時国会は2度延長され、15日未明まで意味のない審議を続けた。その結果ようやく統合型リゾート施設(IR)を推進するカジノ解禁法が成立したが、代償はあまりに大きかった。

  • 絶妙のタイミングで決まった歴史的な安倍首相の真珠湾訪問

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    絶妙のタイミングで決まった 歴史的な安倍首相の真珠湾訪問

    2016年12月17日号  

    「おめでとうございます」。首相の安倍晋三の前に出された白い皿にはチョコレートでお祝いのメッセージが書かれていた。5日午後7時すぎ。東京・銀座のステーキ店「銀座ひらやま」のカウンター席。安倍はこの日、第1次政権を含めて在任日数が1807日に到達した。元首相中曽根康弘を抜いて戦後の歴代首相では第4位になった記念日でもあった。

  • 競技場見直しで森元首相と激突包囲される小池都知事の正念場

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    競技場見直しで森元首相と激突 包囲される小池都知事の正念場

    2016年12月10日号  

    「まだ東京都知事選は続いている」──。その光景を見て、誰もがこんな感想を抱いたのではないか。「あとしばらくはお時間を頂戴したい。クリスマスまでに結論を出したい」「クリスマスまでに何をおやりになるんですか」東京都知事の小池百合子と元首相で東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗との間で再び激しい火花が散った。

  • プーチンが突き付けた“挑戦状”日本外交の戦略見直しは必至

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    プーチンが突き付けた“挑戦状” 日本外交の戦略見直しは必至

    2016年12月03日号  

    「欧州情勢は複雑怪奇なり」。太平洋戦争突入の2年前、1939年8月、当時の首相、平沼騏一郎は歴史に残る言葉を口にして内閣総辞職した。日本が頼みとしたドイツが、日本にとって仮想敵国であった旧ソ連と「独ソ不可侵条約」を結んだことに強い衝撃を受けたからだ。

  • 安倍がトランプとトップ会談TPP実現に日米新時代を模索

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    安倍がトランプとトップ会談 TPP実現に日米新時代を模索

    2016年11月26日号  

    「あと1年をかけて(トランプを)説得してみようと思う」首相の安倍晋三は次期米大統領にドナルド・トランプが決まったことで、「風前のともしび」に見える環太平洋経済連携協定(TPP)の発効に向けて粘り強くトランプに働き掛ける考えを周辺に漏らしている。外務省幹部も「TPPは死んでいない」と語る。安倍が世界のリーダーの中で真っ先にトランプとのトップ会談を決めた背景にも、TPPの成就に対する強い執念があるようだ。

  • トランプの地滑り的勝利で始まった未知なる対米外交

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    トランプの地滑り的勝利で始まった未知なる対米外交

    2016年11月19日号  

    日本の選挙報道でいえば、「地滑り的勝利」ということになるだろう。米大統領選挙で大勝利を収めたのは実業家のドナルド・トランプ(共和党)。8日夜(日本時間9日午前)から始まった、米国からの開票速報を伝えるテレビ番組で使われている米国の地図が次々に共和党のカラーである赤に染まっていく。日本政府にとっては“悪夢”のような光景だったに違いない。

  • 脚光浴びる小池、ヒラリー、朴3人が左右する日米韓の行方

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    脚光浴びる小池、ヒラリー、朴 3人が左右する日米韓の行方

    2016年11月12日号  

    国の内外を問わず、この1週間の「ニュースの主役」はいずれも女性だ。国内では引き続き東京都知事、小池百合子がメディアを独占した感がある。来年夏の東京都議会議員選挙をにらんで「希望の塾」を発足させた。10月30日の開講式に集まった受講生は2900人に上る。この日は都知事選で自民党本部の意向に逆らって小池支援に回った小池の地元の東京・豊島区議7人に通告された離党勧告への回答期限の日とも重なった。

  • 二階幹事長のシナリオ通り二つの補選で自民党が完勝

    後藤謙次 永田町ライヴ!
    二階幹事長のシナリオ通り 二つの補選で自民党が完勝

    2016年11月05日号  

    それぞれに特色を持っていた衆院東京10区と福岡6区の補欠選挙が終わった。結果は自民党幹事長、二階俊博が描いたシナリオ通りの「負けない候補者選び」が奏功し、自民が“完勝”した。東京10区は東京都知事に転出した小池百合子が当選を重ねた選挙区。小池の支援なくして当選はおぼつかない。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 副編集長 清水量介

    3歳児を連れての美術鑑賞はなかなか難しい

     美術を特集するということで、週末は美術館行脚をしました。
     それまでの私が抱いていた美術館の印象は、し〜んと静まり返って、子供を連れていくのは難しいというもの。ところが、取材を進めていると、美術界関係者から少なからず、「美術館の将来性を考えたら小さい子供にもっと来てほしい」という声が。
     それならば、と子供を連れ訪ねたのですが、神経をすり減らしました。怪獣のような3歳の男児を連れての鑑賞は、絶望的。取材で「うちの美術館は子供に優しい」と言われた美術館でも、まだ静かにしていたのに入るなり監視員さんに「手をつないでくださいね」と声を掛けられる始末。しばらくは、公園で遊ぶようにします。

  • 編集長 田中 博

    混沌とした年度末。日本が向かう先はどちらか

     何とも混沌とした年度末を迎えています。政治に目を向けると安倍政権は「森友問題」というぬかるみに足を取られ、東京都は「豊洲問題」の臭気で東京五輪の準備がかすんでいます。
     経済も「東芝問題」はだらだらと決着を見ないまま生殺しの状態が続き、昨年末、ぶち上げられた「原発統合問題」も中ぶらりんのまま。なにせ、米トランプ政権の出方一つで日本企業は天国にも地獄にも向かうので、腰が定まるはずもありません。
     先々週号特集の「株投資 天国と地獄」は単なる株特集ではなく、どちらに転んでもおかしくない日本の岐路を描いたつもりです。やじろべえのような不安定な足元。どちらに着地するかで全く違う未来が見えそうです。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号10名様に当たる! いますぐ資料請求!