記事一覧:Book Reviews 知を磨く読書198

  • 欧米列強 血みどろの20世紀

    Book Reviews 知を磨く読書
    欧米列強 血みどろの20世紀

    2018年07月28日号  

    ブルンヒルデ・ポムゼル、トーレ・D・ハンゼン著『ゲッベルスと私』は、ナチス・ドイツのゲッベルス宣伝相の女性秘書だったポムゼル(1911~2017年)103歳での独白録だ。ナチスの戦争犯罪についてポムゼルは、〈自身の罪についての永遠の問いに対しては、私は早い時期に答えを出した。私には、何も罪はない。かけらも罪はない。だって、なんの罪があるというの? いいえ、私は自分に罪があるとは思わないわ。あの政権の実現に加担したという意味で、すべてのドイツ国民に咎があるというのなら、話は別よ。そういう意味では、私も含めみなに罪があった〉との認識を述べる。このような開き直りが本になり、さらに映画化されたこと自体が現下ドイツが病んでいることの証左だ。

  • 「日中関係が好転」の理由

    Book Reviews 知を磨く読書
    「日中関係が好転」の理由

    2018年07月21日号  

    近藤大介著『未来の中国年表』には、信ぴょう性の高い公開情報に基づく優れたオシント(公開情報インテリジェンス)が満載されている。例えば2017年の中国共産党第19回全国代表大会に関する分析だ。〈習近平主席は、2035年まで自らの政権を続けるつもりなのだろう。

  • 「小さな政府」だった室町幕府

    Book Reviews 知を磨く読書
    「小さな政府」だった室町幕府

    2018年07月14日号  

    久保田哲著『帝国議会』は、大日本帝国議会(国会)開設過程を実証的に分析した好著だ。国民の政治的熱狂から距離を置いた福沢諭吉の姿勢が興味深い。〈議会開設に対する福沢の「沈黙」は、彼なりの政治論であった。過度な政治熱は、やがて冷める。

  • 読解術の優れた参考書

    Book Reviews 知を磨く読書
    読解術の優れた参考書

    2018年07月07日号  

    池上彰著『知らないと恥をかく世界の大問題9』は、内外政事情の全体像を知るための最良の参考書だ。トランプ米政権がイラン核合意から離脱した件について、池上氏は〈イラン国内には、アフマディネジャド前大統領に代表される強硬派がいて、ロウハニ大統領のことを弱腰だと批判してきました。今回のアメリカの離脱で、再び批判が強まる可能性があり、核開発を再開させる恐れもあるわけです。/イスラエルはイランの核開発を許しませんから、武力を行使してでも阻止するという考え方です。また、イランと敵対するサウジアラビアも核武装に動く可能性もあるのです。イランをめぐる中東情勢は再びきな臭くなってきています〉とする。その通りと思う。イランとのビジネスは大きなリスクを伴うので、距離を置いた方がいい。

  • 外務省主流派による画策

    Book Reviews 知を磨く読書
    外務省主流派による画策

    2018年06月30日号  

    白井聡著『増補「戦後」の墓碑銘』では、〈(二〇一六年)二月に訪露した、安倍首相の側近中の側近である谷内正太郎国家安全保障局長は、パトルシェフ安全保障会議書記が、日ソ共同宣言を履行して二島を引き渡したならば「島に米軍基地は置かれるのか」と問い掛けたのに対し、「可能性はある」と答えたという。

  • 日本の政治エリートの本音

    Book Reviews 知を磨く読書
    日本の政治エリートの本音

    2018年06月23日号  

    青木美希著『地図から消される街』を読むと、日本政府が原子力発電を継続する理由が核抑止力の維持にあることがよく分かる。〈民主党政権で脱原発を議論していたときに、政治家や新聞、専門家が相次いで、核抑止力のためには原発や核燃料サイクルが必要、と訴えた。

  • 思考の「小島」を作る法

    Book Reviews 知を磨く読書
    思考の「小島」を作る法

    2018年06月16日号  

    千葉雅也著『メイキング・オブ・勉強の哲学』からは思考術について多くの事柄を学ぶことができる。例えば、ネットとアナログの関係について、千葉氏は、〈現代においては、現代社会と直結した接続過剰的なツールと、そこから逃れるためのツールを区別して使いこなすのがいいと考えています。/SNSは前者の最たるもので、情報収集のために欠かせませんが、しかし、おそらく何かを作り出そうと欲望するためには、そこから自分を切断する、別の場所で自分を「有限化」するための別のツールが必要だと思うんです。それはデジタルツールでもできる。Evernoteやアウトライナーで、思考の「小島」を作るのでもいい。あるいは、紙のノートのように、ネットから完全に切断されたアナログなものを使ってみるのでもいい。/接続過剰なデジタルツールを使うのをやめて孤独になれ、というのは無理です。接続過剰状態がもたらすメリットはあまりに大きい。だから、そのなかに「小島」を作るしかない〉と述べる。評者はまさにこの方法を用いており、大学ノートとEvernoteによって過剰接続から逃れる「小島」を作っている。

  • 日本の教育の問題を深く知る

    Book Reviews 知を磨く読書
    日本の教育の問題を深く知る

    2018年06月09日号  

    筒井康隆著『誰にもわかるハイデガー』を読むと、筒井氏が哲学者としても優れていることが分かる。〈なぜ人間だけが、死を了解できるのか。それは、自分の経験の有限性を、「無限性の欠如」として捉えることができるからである。とすると、またしても疑問にぶつかる。

  • 東京の問題を解決する商品

    Book Reviews 知を磨く読書
    東京の問題を解決する商品

    2018年06月02日号  

    田中利典著『よく生き、よく死ぬための仏教入門』を読むと吉野山(奈良県)で今も大きな影響力を持つ修験道の論理がよく分かる。〈日本人にとって聖なるものは、和御霊と荒御霊のふたつの形をもちます。日本の神さまはどちらかのタイプなのです。生命のバランスが整っている和御霊、勢いが前面に出ているのが荒御霊。蔵王権現さまは、そのふたつの魂を融合しています。忿怒の形相という姿かたちはいわゆる荒御霊ですが、肌の色は和御霊の慈悲を表します。「青黒は慈悲をあらわす」の慈悲です。蔵王権現さまのなかに、和御霊と荒御霊が両方とも示されている点からしても、いかにも日本らしい尊像なのです〉と田中氏が指摘する通り、蔵王権現に明治初期に行われた神仏分離令より前の日本的宗教性の特徴が表れている。

  • ロシアがよく分かる小説家

    Book Reviews 知を磨く読書
    ロシアがよく分かる小説家

    2018年05月26日号  

    竹内政明著『竹内政明の「編集手帳」傑作選』は、読売新聞の名コラムニストの文字通り傑作を集めている。〈古代日本では言葉に神秘的な霊力が宿ると信じられ、それを言霊と呼んだ。言葉を伝える文明の利器である携帯電話に、昔の人が「あくがれいづる魂」に例えた蛍の瞬く光景は、それなりにつじつまが合っているのかも知れない。/記事の切り抜きを取り出しては読み返している。JR福知山線の脱線事故で、無残につぶれた車両のドアを切断して救助隊員が車内に入った時、折り重なる遺体の傍らには携帯電話が散乱していたという。/あちこちで光がともり、呼び出し音が鳴る。切れても、すぐにまた鳴り出す。着信表示に「自宅」の文字が浮かんでいるものもあった。肉親を捜し求め、一刻も早く無事の声を聞きたい家族からの電話である〉。携帯電話に言葉という魂が宿っていることが伝わってくる。

  • うつ状態を克服する道

    Book Reviews 知を磨く読書
    うつ状態を克服する道

    2018年05月19日号  

    うつ病で苦しんでいる人は年々増えている。マット・ヘイグ著『#生きていく理由』では、〈男女を問わず、もしあなたがなんらかの精神衛生上の問題をかかえているのなら、あなたは、きわめて大きな、今もふくらみつづける集団の一員だ。抜きんでて優秀でタフな人々のなかにも、うつ病に苦しむ人が少なくない。政治家、宇宙飛行士、詩人、画家、哲学者、科学者、数学者(こと数学者には恐ろしく多い)、役者、ボクサー、平和活動家、戦争指導者など、おびただしい人々がそれぞれの病と闘ってきた。/男であれ女であれ、がんや心臓病になる、あるいは交通事故に遭うのと同じように、うつ病になる可能性はある。/だとすれば、僕らは何をするべきだろうか。まずは誰かに語ることだ。そしてその話を聞くことだ〉との指摘がなされているが、その通りと思う。うつを発症したと思う人は、とにかく語ることが重要だ。

  • 現代神学の父の「捨てる勇気」

    Book Reviews 知を磨く読書
    現代神学の父の「捨てる勇気」

    2018年05月12日号  

    NHKスペシャル取材班『睡眠負債』は、睡眠不足がはらむ危険に警鐘を鳴らす好著だ。日本人の睡眠時間が短い理由について、〈基本は日本が農耕文化であることが影響していると思います。農業においてはたくさん働けば雑草が少なくなり、作物も多く採れるという考えがあります。欧米は狩猟文化ですから、頭がよく働いていないと獲物が獲れませんし、そのためには休養が必要です。農耕文化ではそれほど神経を研ぎ澄ませなくてもよいという違いがあります。/農耕文化の国では概して睡眠時間が短めです。それと儒教の影響もあると思います。「蛍の光、窓の雪」ではありませんが、長時間起きて努力を重ねて自分を磨くことが大事といったような部分が、睡眠時間を削る方向に働いているのではないでしょうか〉と解説する。説得力がある。

  • 投獄経験を描いた自伝の傑作

    Book Reviews 知を磨く読書
    投獄経験を描いた自伝の傑作

    2018年04月28日号  

    池上彰ほか著『宗教と暴力』は、2017年9月23日に行われたシンポジウムの記録に加筆修正し編集したものだ。池上氏は、〈自ら信じる宗教に命をかけることができる者は他人の命を奪うハードルが低くなるという傾向があることは前述の通り。であるならば、信じる宗教のために我が命を大切に扱い、他者の命もまた大事にする。その論理を普遍化することが、今後の課題なのではないか、という重い宿題をいただきました〉と指摘するが、その通りだ。宗教だけでなく、政治、学術でも自分が絶対に正しいことをしていると信じている人は、自らの暴力性に無自覚になる傾向があると思う。

  • 女性の負担が却って増す懸念

    Book Reviews 知を磨く読書
    女性の負担が却って増す懸念

    2018年04月21日号  

    中澤渉著『日本の公教育』を読むと、保護者の収入格差が子どもの受ける教育環境に如実に影響を与えている実態が見えてくる。〈労働者階級や貧困家庭では両親が生活のために働かざるを得ず、時間的にも余裕がないため、その子を放任してしまう事情もある。

  • 職場ハラスメントを生む土壌

    Book Reviews 知を磨く読書
    職場ハラスメントを生む土壌

    2018年04月14日号  

    中野円佳著『上司の「いじり」が許せない』は、「いじり」という形で横行している職場や学校でのいじめに鋭くメスを入れている。〈取材した人の中には、「以前はいじりのようなハラスメントをする上司がいたが、そういう人は左遷されていったので、今はそういったカルチャーがない」という優良企業に勤めている事例もあった。

  • 英EU離脱と北アイルランド

    Book Reviews 知を磨く読書
    英EU離脱と北アイルランド

    2018年04月07日号  

    藻谷浩介著『世界まちかど地政学』は、地政学書というよりも、優れたエコノミストによる国際政治の考現学だ。例えば、ブレグジット後、EUに残るアイルランドとの間の国境管理をどうするか。

  • われわれの思考の鋳型

    Book Reviews 知を磨く読書
    われわれの思考の鋳型

    2018年03月31日号  

    マルクス・ガブリエル著、清水一浩訳『なぜ世界は存在しないのか』は、1980年代にポストモダン思想が流行したときの現代哲学の状況を見事に描いている。〈とても奇妙なことに、わたしたちは、今日では自然科学に関するアリストテレスの認識にはほとんど妥当性を認めていないのに、よりによって「魂について」の基底となっている考え方は受け容れてしまっています。結果、わたしたちを取り巻く事物の世界への通路を、いまだにアリストテレスと同じように解釈しているわけです〉というガブリエル氏の指摘はその通りだ。われわれの思考の鋳型は意外と古いのである。

  • 明治新政府の権力奪取法

    Book Reviews 知を磨く読書
    明治新政府の権力奪取法

    2018年03月24日号  

    五味洋治著『金正恩』は、北朝鮮の内在的論理に通暁する新聞記者が丹念な取材によって著した優れた作品だ。〈私は最近、米国政府に対して、長年北朝鮮問題のアドバイザーをしていた韓国系米国人の意見を聞いた。彼は米国には北朝鮮への軍事攻撃の選択肢はないと明言する。/予測しがたい犠牲が生まれる危険性が高いからだ。(中略)北朝鮮専門サイト「38ノース」は、北朝鮮がソウルと東京を核攻撃した場合、最大で210万人が死亡、770万人が負傷するとの試算を最近発表した。コンピュータを使った分析が基になっており北朝鮮が20~25発の核弾頭と、それを弾道ミサイルに装着する能力を持っていると想定している〉との指摘が重要だ。北朝鮮との戦争を回避するために、関係国が全力を尽くす必要がある。

  • よりましなポピュリスト

    Book Reviews 知を磨く読書
    よりましなポピュリスト

    2018年03月17日号  

    筒井清忠著『戦前日本のポピュリズム』を読むと、ポピュリズムが普通選挙後の日本政治における主流であったことが分かる。〈政党政治は、議院内閣制においては、政党が政策を実現するために、議会における多数の獲得を目指し、政策を選挙民に訴えつつ、反対党と政争を行う政治である。

  • 精神科医と諜報工作員の共通点

    Book Reviews 知を磨く読書
    精神科医と諜報工作員の共通点

    2018年03月10日号  

    マキアヴェリ著『君主論』は、国家元首を想定して書かれた書であるが、ビジネスパーソンにも大いに役に立つ。特に、へつらう者、おもねる者を避けよという以下のアドバイスが有益だ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 定期購読キャンペーン「20,000円」

記者の目

  • 編集長 深澤 献

    過去の物差しのみで融資業務を行う「危うさ」

     銀行員といえば学歴競争の勝ち組でもあるエリートのはずなのに、時代の先頭に立ち、革新志向で変化を主導していくようなタイプは少ないといわれます。
     今号の特集の中で、メガバンクを辞めた30代の男性が、その理由として「融資業務自体が、過去10年分の財務諸表の確認から始まる“前例踏襲型”の仕事であること」を挙げています。過去の数字は分析できても、未来の事業の成否を判断するような才能は育たないというわけです。
     逆に言うと、従来の常識が大きく変わるときに、過去の物差しのみに頼って融資業務を行うことの危うさも感じます。思えば、バブル崩壊後の不良債権の山も、そんな行動様式から生まれたのでしょう。他山の石に。

  • 編集部 鈴木崇久

    就活でもらった「お祈りメール」のコンプレックス

     銀行業界に対してコンプレックスがあります。
     3メガバンクが毎年1000人規模の新卒採用を続けていた超売り手市場の時代、私は典型的なダメ就職活動生として、「3000人の中の1人にはなれるだろう」という甘い気持ちでエントリー。見事に全てから今後の活躍を祈念する「お祈りメール」を頂きました。
     その後、銀行業界は構造不況業種と呼ばれるに至りますが、激変する銀行業界に自分がいたら今どうなっているのか。そう考えると、変化に付いていけずに脱落していそうですが、ワクワクもします。
     ただ、箸にも棒にも掛からなかった人間が何を言っても戯れ言にすぎません。銀行業界のますますのご発展をお祈り申し上げます。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!