記事一覧:Inside1216

  • 米半導体大手との衝突を回避へルネサス7000億円買収の本音

    Inside
    米半導体大手との衝突を回避へ ルネサス7000億円買収の本音

    2018年09月29日号  

    半導体大手ルネサスエレクトロニクスが、米同業のインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を7330億円で買収すると発表した。来年1~6月期に買収を完了する予定で、2017年に約3200億円で買収した米インターシルに続く大型買収だ。

  • 戦闘機の選定めぐり日米が神経戦高まる自衛隊の下請け化懸念

    Inside
    戦闘機の選定めぐり日米が神経戦 高まる自衛隊の下請け化懸念

    2018年09月29日号  

    ロッキード事件やダグラス・グラマン事件など、航空機の受注合戦が世を騒がせることは珍しくない。年末に向け大詰めを迎える自衛隊の次期戦闘機の選定にも、名だたる軍需企業が受注に意欲を示しており、決定までには紆余曲折ありそうだ。

  • 子会社社長へ外資系幹部が就任武田、大衆薬事業に売却観測

    Inside
    子会社社長へ外資系幹部が就任 武田、大衆薬事業に売却観測

    2018年09月29日号  

    医療用医薬品で国内トップの武田薬品工業。その子会社で大衆薬大手の武田コンシューマーヘルスケアは3月末から事実上、社長が空席だった。今月、メガファーマ(巨大製薬会社)である英アストラゼネカ日本法人の呼吸器事業本部長だった野上麻理氏(49歳)が就任し、社内には期待と不安の声が錯綜する。

  • 引当金増加と創業家融資が懸念不正発覚したスルガ銀の行方

    Inside
    引当金増加と創業家融資が懸念 不正発覚したスルガ銀の行方

    2018年09月22日号  

    地方銀行随一の収益性を誇ったスルガ銀行は、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」に絡む不正融資問題でメッキが剥げた。9月7日に発表された第三者委員会の調査報告書では、不動産投資向け融資での「無法地帯」(大手地銀関係者)ぶりが、白日の下にさらされている。

  • 19年度税制改正で試される最強官庁財務省の失地回復

    Inside
    19年度税制改正で試される 最強官庁財務省の失地回復

    2018年09月15日号  

    中央省庁による2019年度当初予算の概算要求が8月末にまとまり、予算編成と税制改正に向けた議論が今後本格化する。大きな焦点は、来年10月の消費税率の引き上げに伴う景気対策と、食料品などに適用する軽減税率の財源確保だ。

  • 西日本豪雨で需要増でも低利益建機レンタル業界で広がる格差

    Inside
    西日本豪雨で需要増でも低利益 建機レンタル業界で広がる格差

    2018年09月15日号  

    建設機械レンタル市場が活況を呈している。2017年度の市場規模は10年度比で約2倍に成長した。もともと、東日本大震災の復興需要や東京五輪に向けた首都圏の建築ラッシュで需要が拡大していた上に、今夏の西日本豪雨の発生で土木工事が激増しているためだ。

  • 経験則が通じない増税で神経戦たばこ横並び値上げ終焉か

    Inside
    経験則が通じない増税で神経戦 たばこ横並び値上げ終焉か

    2018年09月15日号  

    10月から始まるたばこ増税に合わせ、たばこメーカー各社の値上げ発表が出そろった。その裏で、メーカー側はかつてないほどの神経戦となった。加熱式たばこがこれまでと異なる税方式となったからだ。

  • あなたのマンションは大丈夫?構造スリットに隠れた重大欠陥

    Inside
    あなたのマンションは大丈夫? 構造スリットに隠れた重大欠陥

    2018年09月15日号  

    大手デベロッパーとゼネコンが建てた、東京都のあるRC造の分譲マンション(280戸)で構造スリットの欠陥が発覚した。この問題は1棟だけの話ではない。全国各地に同様の地雷が眠る。物件の規模や欠陥の状況にもよるが、補修費は数千万円にも上るという。

  • 制服めぐる百貨店・商社の談合発覚成長市場求め新旧勢力が激突

    Inside
    制服めぐる百貨店・商社の談合発覚 成長市場求め新旧勢力が激突

    2018年09月08日号  

    制服をめぐる不正行為がここ1年で続々と明らかになっている。公正取引委員会は独占禁止法違反の疑いで今年1月、JR東日本とJR西日本への制服納入をめぐり受注調整をしたとして、三越伊勢丹や大丸松坂屋百貨店など9社に対して計約4500万円の課徴金の納付を命じた。6月にはANAの客室乗務員らの制服納入で高島屋、そごう・西武、名鉄百貨店に計約3200万円、8月にはドコモショップ店員の制服納入で伊藤忠商事、高島屋、ツカモトユーエスに計約1000万円の課徴金の納付を命じている。一体何が起きているのか。

  • 菅氏の「料金4割下げ」発言追い風に携帯3社に圧力強める総務省

    Inside
    菅氏の「料金4割下げ」発言追い風に 携帯3社に圧力強める総務省

    2018年09月08日号  

    菅義偉官房長官が8月21日の札幌市内の講演会で、携帯電話料金について「4割程度下げる余地がある」と発言したのは総務省にとっても突然だったが、携帯料金の高止まりがクローズアップされたことが、同省への追い風になったのは間違いない。

  • 告発理事らの解任に反対した3人不再任ポーラ美術財団で報復人事?

    Inside
    告発理事らの解任に反対した3人不再任 ポーラ美術財団で報復人事?

    2018年09月08日号  

    ポーラ美術館(神奈川・箱根)を運営する公益財団法人ポーラ美術振興財団で6月、一見不可解な人事があったことが本誌編集部の取材で分かった。旧文部省(現文部科学省)の元幹部など複数の評議員が再任されなかったのだ。

  • 不発だった百貨店2回のセールアパレル業界とずれる思惑

    Inside
    不発だった百貨店2回のセール アパレル業界とずれる思惑

    2018年09月08日号  

    「1回目のセールは豪雨、2回目は台風で効果が吹き飛んでしまった」──。ある百貨店業界関係者はこう振り返る。今夏はアパレル業界からの要請で、百貨店のクリアランスセールはスタート時期を6月と7月の各下旬に分散し、2回に分けて開催された。2回目の期間は、第4金曜日の「プレミアムフライデー」にかこつけたものだ。

  • 帝人が米欧で矢継ぎ早にM&Aを実行ティア1入りで試される力量

    Inside
    帝人が米欧で矢継ぎ早にM&Aを実行 ティア1入りで試される力量

    2018年09月08日号  

    近年の帝人グループが展開する企業広告シリーズになぞらえれば、「米国での買収だけじゃない」となる。

  • 経産次官の再編シナリオに便乗原発4社連合を画策した中電

    Inside
    経産次官の再編シナリオに便乗 原発4社連合を画策した中電

    2018年09月08日号  

    東京電力ホールディングス(HD)、中部電力の電力会社2社と日立製作所、東芝の原子力発電所のプラントメーカー2社が、原発事業で提携することが明らかになった。

  • 時間単位で加入できる自動車保険損保ジャパン出遅れの訳

    Inside
    時間単位で加入できる自動車保険 損保ジャパン出遅れの訳

    2018年09月08日号  

    損害保険業界で今、もっぱらそうささやかれている話題の商品がある。損保ジャパン日本興亜が2019年1月から提供を始める、12時間単位の自動車保険「乗るピタ!」だ。

  • “仮面浪人生”激増中私大入学定員数厳格化の波紋

    Inside
    “仮面浪人生”激増中 私大入学定員数厳格化の波紋

    2018年09月01日号  

    「卒業生からの再受験の相談が後を絶たない。仮面浪人が急増している」(東京都内の高校関係者)今、多くの大学、高校関係者が頭を抱えている。私立大学の入試難化に伴って人気のある有名大学の合格実績が低迷し、本命の大学に合格できなかった学生が急増しているためだ。

  • 人気のペットボトルコーヒーに逆風?飲料業界が震えるごみ問題

    Inside
    人気のペットボトルコーヒーに逆風? 飲料業界が震えるごみ問題

    2018年09月01日号  

    この需要期を無事に越せるか──。今、飲料業界は不安に襲われている。というのも、飲料の容器としてもはや欠かすことのできないペットボトルのごみ問題がにわかに浮上しているからだ。発端は、中国が昨年末に行った廃プラスチックの輸入禁止にある。

  • 赤字拡大で株価急落も投資は継続米国と旅行に懸けるメルカリ

    Inside
    赤字拡大で株価急落も投資は継続 米国と旅行に懸けるメルカリ

    2018年09月01日号  

    メガベンチャーの赤字を、投資家はどこまで我慢できるのか──。フリマアプリ大手メルカリの株価がさえない。8月9日に上場後初となる決算で赤字拡大を発表して以降、大きく値を下げている。

  • 大正製薬が20年守った牙城を崩すリアップ後発品、やっと発売

    Inside
    大正製薬が20年守った牙城を崩す リアップ後発品、やっと発売

    2018年09月01日号  

    製薬中堅である大正製薬の発毛剤「リアップ」(第1類医薬品)の後発品(ジェネリック医薬品)がついに登場した。発売延期の苦節を乗り越え、男性用シャンプー大手アンファーが8月8日、初の後発品「スカルプD メディカルミノキ5」(同)を発売したのである。

  • 石炭離れで強い逆風、改革の“試金石”に東芝、火力発電事業に大ナタ

    Inside
    石炭離れで強い逆風、改革の“試金石”に 東芝、火力発電事業に大ナタ

    2018年09月01日号  

    東芝が、タービンなどを製造する火力発電機器事業に大ナタを振るうことになりそうだ。人員削減は必至で、低収益から脱することができなければ存続も危ぶまれる状況だ。東芝の火力発電機器事業は火の車だ。2018年3月期は117億円の営業赤字を計上。今期第1四半期も34億円の赤字で、止血のめどは立っていない。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

「グローバル化時代の必須教養」10/25

記者の目

  • 編集部 相馬留美

    子どもの世界の方がキャッシュレス化している

     最近、ほとんど現金を持ち歩かなくなりました。とはいえ、無人レジで店員に商品を見せずに持ち帰るのはどこか後ろめたいものでした。
     しかし、ある取材先で「地デジやSuicaに文句を言う人が今ではいないように、キャッシュレスにも慣れますよ」と言われ、そうか、慣れかと、妙に納得したものです。
     子どもの世界でもキャッシュレス化が進んでいます。おもちゃのレジはカード決済に対応。レジのコインを部屋のどこかでなくしても、カードで決済してお店屋さんごっこを成立させているのです。キャッシュレスに慣れた彼らは、現実の無人レジもあまり気にならないよう。やっぱり「習うより慣れよ」が一番。特集から自分好みの決済を探してみてくださいね。

  • 編集長 深澤 献

    スマホ決済のときのポイントカードのモヤモヤ

     以前はよく、財布を持たずに会社に来てしまいました。特に危ないのが月曜日。週末の買い物で財布を使った後、通勤用のかばんに戻すのを忘れて出勤してしまうのです。仕方なく同僚から昼食代を借りる羽目に……。
     ところが最近は、スマホ決済とスマートウオッチの便利さを知り、キャッシュレス生活を満喫。逆に財布を忘れてきたことに気付かないまま一日過ごすこともあるほどです。
     一方で困るのは各種のポイントカード。「○○カードはお持ちですか?」と聞かれても、そういうのを持ち歩き、いちいち取り出すことから解放されたいから〝腕時計でチャリン〟なわけです。結局、利便性と引き換えにポイントは諦めるのですが、そのたびモヤモヤ感が残ります。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!