記事一覧:財務で会社を読む157

  • 第一三共

    財務で会社を読む
    第一三共

    2019年07月27日号  

    年初から株価が2倍近く上昇し、国内最大手の武田薬品工業を時価総額で猛追する同3位の第一三共。株価上昇要因のがん治療薬が花開けば合併以来初の黄金時代が訪れる。

  • 三井住友フィナンシャルグループ

    財務で会社を読む
    三井住友フィナンシャルグループ

    2019年07月20日号  

    メガバンクグループの三井住友フィナンシャルグループ(FG)が、本業のもうけで最大手の三菱UFJFGを初めて上回った。だが、その座を維持するための課題が露呈している。

  • ルネサスエレクトロニクス

    財務で会社を読む
    ルネサスエレクトロニクス

    2019年07月13日号  

    ルネサスエレクトロニクスの呉文精社長兼CEOが株主総会で再任後、わずか3カ月で突如退任した。その裏には、成長軌道に乗り切れず、1~3月期、7年ぶりに赤字に陥ったことへの危機感が垣間見える。

  • アマゾン・ドット・コム

    財務で会社を読む
    アマゾン・ドット・コム

    2019年07月06日号  

    利益よりも投資を優先してきた米IT大手、アマゾン・ドット・コムが変貌しつつある。本業のeコマース事業以外の高収益事業の成長で、巨額投資と薄利主義脱却の両立が見えてきた。

  • 三菱自動車

    財務で会社を読む
    三菱自動車

    2019年06月29日号  

    燃費不正問題から立ち直りつつある三菱自動車を新たな問題が直撃している。日産自動車や仏ルノーとの連合(アライアンス)の混乱が、三菱のビジョンを視界不良にしているのだ。

  • NTTドコモ

    財務で会社を読む
    NTTドコモ

    2019年06月22日号  

    政府の携帯料金値下げ圧力で5年ぶり営業減益に陥るNTTドコモ。値下げの影響だけでなく、「5G」の先行投資の負担も重い。高収益だった通信事業が曲がり角を迎える中、来期の復活は望めるか。

  • ZOZO

    財務で会社を読む
    ZOZO

    2019年06月15日号  

    ZOZOSUITのブームが業績に結び付かず、2019年3月期は初の減益決算となったZOZO。新たな成長戦略はどれも小粒で株価はさえず、株式を担保にした前澤氏の個人資産の在り方も注目される。

  • ウォルマート

    財務で会社を読む
    ウォルマート

    2019年06月08日号  

    世界最大の小売企業であり、EDLP(エブリデー・ロープライス:毎日安売り)モデルで世界を制したウォルマートが変身中だ。新店と海外への投資を実質凍結し、デジタル分野に集中投資しているのだ。

  • Lyft(リフト)

    財務で会社を読む
    Lyft(リフト)

    2019年06月01日号  

    今年、大型上場で注目された米配車サービス大手のリフト。競合ウーバーの牙城を破竹の勢いで崩してきたが、依然として続く赤字体質とライドシェアへの逆風が、同社のビジネスに影を落としている。

  • SOMPOホールディングス

    財務で会社を読む
    SOMPOホールディングス

    2019年05月25日号  

    昨夏に自然災害が過去に類を見ないほど頻発したことで、SOMPOホールディングスの中核会社、損保ジャパン日本興亜の財務上の弱点が、図らずも浮き彫りとなった。

  • ブラックロック

    財務で会社を読む
    ブラックロック

    2019年05月18日号  

    世界一の運用資産残高を誇り、業界の“巨人”と称されるブラックロック。ETF(上場投資信託)拡大を武器に高収益をたたき出してきたが、競争環境の激化などを受け、さらなる攻め手を模索しつつある。

  • スカイマーク

    財務で会社を読む
    スカイマーク

    2019年05月11日号  

    2015年に超大型機導入の失敗で経営破綻したスカイマーク。現在は羽田枠を強みに高い収益力を誇る。20年に再上場する予定だが、新たな成長戦略と「第三極」の維持が課題となっている。

  • デサント

    財務で会社を読む
    デサント

    2019年04月27日号  

    スポーツ用品大手のデサントの経営陣が6月予定の株主総会を経て刷新される。筆頭株主の伊藤忠商事が敵対的TOB成立で関与を強めるが、騒動の発端となったデサントの課題を解決できるかは不透明だ。

  • 東京電力ホールディングス

    財務で会社を読む
    東京電力ホールディングス

    2019年04月20日号  

    東京電力ホールディングスの最大のミッションである、福島第一原子力発電所の廃炉作業が少しずつ進展している。作業が進むにつれて費用の全体像が明らかになり、コストが上振れするリスクをはらむ。

  • りそなホールディングス

    財務で会社を読む
    りそなホールディングス

    2019年04月13日号  

    4月1日、りそなホールディングスの連結子会社2行が合併し、関西最大規模の地方銀行が誕生した。だが、成長戦略の柱の一つであるこの関西勢が、低金利環境がもたらした逆風に苛まれている。

  • SMBC日興証券

    財務で会社を読む
    SMBC日興証券

    2019年04月06日号  

    三井住友フィナンシャルグループ傘下のSMBC日興証券が、銀行との連携強化で存在感を増している。強みのリテールに加え、課題のホールセールでも上位を追い上げている。

  • エヌビディア

    財務で会社を読む
    エヌビディア

    2019年03月30日号  

    米半導体大手、エヌビディアの株価がさえない。ソフトバンクグループが株を売却するなど、業績悪化で先行きが不安視されるAI向け半導体の“雄”は、大型買収で勝負に出た。

  • オリンパス

    財務で会社を読む
    オリンパス

    2019年03月23日号  

    映像事業の不振で、もはや専業医療機器メーカーといえそうな創業100周年のオリンパス。取締役に「物言う株主」や海外医療機器元幹部を招いて組織再編すると発表。主力の医療事業を強化する。

  • SUBARU

    財務で会社を読む
    SUBARU

    2019年03月16日号  

    完成検査などの不正を起こしたSUBARU(スバル)が信頼回復へもがいている。自動車業界の激変期を切り抜けるべく、急加速したいところだが、品質管理徹底のために足踏みを強いられている。

  • ソフトバンク

    財務で会社を読む
    ソフトバンク

    2019年03月02日号  

    ソフトバンクグループの通信子会社のソフトバンクが2018年12月に新規上場した。だが、料金競争は激化する見通しで携帯事業には逆風が吹く。親会社と連携して通信以外の分野に活路を開けるか。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    〝肉食系〟はコロナ混乱期に大型案件仕込み中

     アクティビスト、PEファンド、商社関係者など〝肉食系〟の方々と情報交換する機会が徐々に戻ってきました。彼らに共通していたのは、コロナ混乱期は仕込みの好機という見立てです。
     いわく「コロナ後の企業にはDX(デジタルトランスフォーメーション)に加えてPXが必要。Pは事業ポートフォリオで、その最適化が加速する」「事業売却の案件が一気に増え、業界再編の話も出てくる」──。
     実現するかは別として、大型案件が水面下で幾つも動いているのは間違いありません。
     一方、コロナ後の情勢がはっきりするまでは様子見という〝草食系〟企業も少なくありません。ただ、霧が晴れたとき、勝負は往々にして決しているものです。

  • 副編集長 臼井真粧美

    自宅前の新築工事がウェブ会議を妨害

     自宅前でマンションの新築工事が大詰めを迎えています。緊急事態宣言が発令されても、ゴールデンウイーク期間中であっても、工事はひたすら続きました。
     家でウェブ会議や仕事の電話をしていると、工事の音で相手の声が聞き取れなかったりし、ほとほと困りました。
     この工事の音が鳴り響く中での取材で、コロナ対策により工事が止まったという話が出ると「一部はね」と、現場の感染対策は十分と聞けば「いやいや」と、心の中で都度突っ込みを入れていました。
     最近、現場の覆いが外され、ピカピカの建物が姿を現しました。職人たちが感染リスクを取った分、外観を見る限りは、もう完成に近い段階。分譲価格と売れ行きが気になります。

先週号の案内2020年7月4日号

表紙

特集保険 コロナ時代の最強見直し術

コロナ禍が家計を直撃する中で、支出が年平均40万円前後にもなる民間保険の見直しは待ったなしの状況だ。必要な保障とは何か、保険各社のアフターフォローや経営はどうなっているのかなど、さまざまな角度から保険との向き合い方を探った。

特集2コーヒーの経済学

新型コロナウイルスの影響によりコーヒービジネスに異変が起こっている。全体の消費は減少する一方、家で楽しむコーヒーの需要が増加。コーヒー市場の新しい明暗が浮かび上がった。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
いますぐ資料請求!