兵庫県尼崎市の阪神電鉄・出屋敷駅を通ると、ひときわ大きな建物に「モノタロウ」と書かれた看板が目に入る。同社は工事現場で扱う工具や消耗品など間接資材専門のEコマースで急成長しており、この地で7月から本格的に大型物流施設を稼働させるのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。