今、銀行を取材して痛感するのは、かつてのメインバンクはもはや存在しないということ。借り手優位の時代。銀行は少ない情報で決断を迫られる場面も少なくありません。しかし、メガバンクの大口融資問題や地銀の隠れ不良債権など、課題は山積。この難問にどう向き合っていくのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。