雇用情勢が好転しつつあるとの報道が、今年の春ごろから数多くなされた。春闘で賃上げを行う企業が相次いだこと、大学新卒者の求人倍率や、有効求人倍率が高まったことなどが報道された。さらに、「人手不足」が深刻化し、そのために閉店に追い込まれた事例などが報道された。最近では、トヨタ自動車も人手不足のために生産拡大に支障が生じているとされる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。