安倍晋三内閣が発足して1年半が経過する。おおむね順調な政権運営が続いたといっていいだろう。その大きな要因に閣僚をめぐるスキャンダルや問題発言が極めて少なかったことがある。ところがここにきて耳を疑うような問題発言が飛び出した。環境相の石原伸晃の「金目発言」のことだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。