「全くの想定外で本当に驚いた」。年明け早々、旭化成の次期社長就任を告げられたときのことを浅野敏雄はこう振り返る。旭化成はアンモニアを祖業に、繊維、化学、住宅と主力事業を乗り換えてきた。近年は医薬品や医療機器を扱うヘルスケア事業に注力しており、「会社が次に目指す方向の人材を旗振り役にした方が明快だ」(前社長の藤原健嗣)と、長年、医薬品に携わってきた浅野に白羽の矢が立った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。