短期的な株価上昇を狙ったGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)への政治介入や、その改革に関与する専門家の安易な資産配分への言及。度重なる圧力で年金運用は重大な危機を迎えていると、前GPIF運用委員の小幡績氏は警鐘を鳴らす。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。