各国でキツネとタヌキの化かし合い、すなわち中央銀行と金融市場の神経戦が展開されている。欧州中央銀行(ECB)はマイナス金利を導入し、民間銀行がECBにお金を預け入れると元本が目減りするという異例の措置を講じた。しかし、これがユーロ安をもたらし、欧州のデフレ懸念は払拭されるとは言い切れない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。