「国鉄時代をよく知っているだけに肝の据わり方が違う」と、当時社長(現会長)の山田佳臣から社長のバトンを託されたのは柘植康英。「最悪の不幸は、雇用の場がなくなったこと。会社を赤字にしては絶対に駄目で、人をバラバラにしたら悪くなる」(柘植)ことを誰よりも知っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。