日本の防衛産業に非効率性と高コスト体質をもたらしている大きな要因として、調達制度の問題がある。第一に、年度ごとに予算を立てて装備を買う「単年度会計主義」のため、“まとめ買い”で安くすることができない。企業側も長期的な見通しを立てづらい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。