「人間らしくやりたいナ」というコピーを覚えている方は多いだろう。サントリーの前身、壽屋の宣伝部員、開高健の作品である。『壽屋コピーライター開高健』には、開高がトリスのコピーを手掛けながら、小説家として大成していく過程が克明に描かれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。