1920年の反動恐慌をきっかけに、日本経済は「慢性不況」の時代を迎えることになった。ただし、慢性不況下にあった1920年代の日本の経済成長率は、国際的に見れば、必ずしも低くはなかった。1910年代から20年代にかけての日本の平均経済成長率は、総額でも、1人当たり額でも、当時、世界の経済発展をリードしていた米国を、わずかながらではあるが凌駕していた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。