世界で戦う上で、鍵を握るのは適応力──。前回はそう書いたが、これを体現しているのが、今季、楽天から米大リーグのヤンキースに移籍した田中将大投手だ。最初は大リーグのボールか、硬いマウンドへの対応が難しいのではないか? と思っていた。2013年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は日本代表のエースと期待されながら、活躍できずに終わった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。