かつては革新的な商法を編み出し、長く小売り業の王様として君臨してきた百貨店。しかし、消費者の価値観の変化に対応できず、変革を怠ったため、15年も連続して売り上げは減少。新規プレーヤーに顧客を奪われ、収益性でも差をつけられている。今、復活をしなければ、かつての王者に後はない。瀬戸際に立っているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。