週刊ダイヤモンドでは、6月14日号で、第3特集「MONEY FOOTBALL 統計学が解き明かすサッカーの新時代」を掲載した。特集に合わせて、Jリーグの強豪3クラブの社長に、経営やマネジメントの秘訣を聞いた。第1回目は、昨年J1の2位で、天皇杯を制した横浜F・マリノスを運営する横浜マリノスの嘉悦朗社長。5月に発表した英マンチェスター・シティのグループとの資本提携の狙いは何なのか。改革の旗手である嘉悦社長を直撃した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。