今年4月に東海旅客鉄道(JR東海)の社長に就任した柘植康英氏。国鉄時代から、労働集約型産業である鉄道会社にとって要の人事畑を歩んできた。労使関係の経験・エピソードを踏まえて、人をまとめることの大切さを語ってもらった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。