ここ数年、「日本人工場長説」を唱えています。品質を極限まで高め、一銭単位でのコスト削減には血道を上げる一方で、経営の大局を見るのは得意ではない──。昨今の日本製造業の苦境を見ると、案外本質を突いているのではないかと思っています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。